気温の変化に体調が追いつかなくなる理由とハーブティーの時間

気温の変化に体調が追いつかなくなる理由とハーブティーの時間

何も原因がないのに体が重くなったり、寝ていても熟睡できず、朝起きると体が辛いと感じることはありませんか?それは、もしかしたら気温の変化に体が追いつかず、体に不調がでている事が原因かもしれません。それは時に寒暖差疲労と呼ばれ私たちの体を変化させてしまうことがあります。では、寒暖差疲労とはどのようなものでしょうか。

寒暖差疲労とは

寒暖差疲労では体がだるくなったり、夜から朝にかけての不調や肩こり、冷えなどにつながる症状が現れます。その原因は1日の中での気温差が激しいことや、急激な温度変化によって、自律神経が乱れる事が原因と言われています。気温の変化が激しい日は、自立神経が体の血管を変化させたり、代謝を変化させることで体温を調整しようとします。これにより、体力を消耗したり、急激な自律神経の変化から他の部位にも変化が起こり、不眠や消化器官の不調が現れたりすると言われています。

気温の変化に体が追いつかなくなる理由

本来、人の体はこの気温の変化に適応するために自律神経を働きを調整し体を守ろうとします。しかし、現代の日本では、空調設備の発達や動く事が減ったことによって大きな気温の変化に弱くなってしまっています。特に、オフィスワークなどで冷房や暖房の効いた部屋にいるのが当たり前になっていると体は、変化に弱くなってしまいます。

寒暖差疲労から体を守る方法

寒暖差疲労から体を守るためには、気温の変化適応しやすい体をつくる必要があります。また、急激な変化を感じないように、日頃から運動をしたり、自然の中にゆっくりと溶け込むような生活習慣を取り入れる必要があります。特に毎日部屋の中にいる方は、ゆっくりと無理をしない程度に外にでたり、窓を開けて外気を取り入れるようにするなど自然の気候の中に体を置くのがおすすめです。

気温の変化とハーブティーの時間

気温の変化が激しいと自律神経がみだれたり、体が重く感じる事があります。そんな時に重要なのは、そのあ温度変化にあった温度の飲み物を飲むことです。夏の暑い時には適温の飲み物を飲んだり、ミントやカルダモンなどの暑さに向いている飲み物を飲むのがおすすめですし、寒さを感じるようになったら温かい飲み物で体を冷やさない事が重要です。特に、自立神経が乱れると、心も不安定になりやすいので、ジャスミンやカモミールなどの落ち着くハーブティーで体を休めるのがいいと思います。

不調のない安心な毎日が続きますように

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

気温の変化に体調が追いつかなくなる理由とハーブティーの時間” への2件のフィードバック

  1. 寒暖差疲労。
    日頃の生活習慣の見直しが大事だと痛感しています。
    自立神経も非常に重要な役割を果たしているんですね!
    人間の身体は本当に凄いですネ!
    毎日必ず、温かいハーブていを頂いています!

    1. トミーさん

      ハーブを取り入れて下さりありがとうございます。
      人の体は、自分を守る為にたくさん働いてくれています。
      でも、ストレスや不安の多いこの社会では、なかなか自分の力がうまく使えなくなって
      いる事が多いです。
      特に季節の変わり目は変化が多く負担がかかりやすいので、
      楽しむことを忘れず、体を元気に保てるといいなと思います。
      穏やかな時間が増えますように。

      Jasper Green 前田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。