思い出を共有する事で心が安定する理由

共通の思い出が安心感をもたらす理由

初めて会った人と話すとき、少し緊張することってありませんか?でも少しづつ話していく中で、その人と同じ場所にいたことがあったり、同じ経験をしたことがあると、急に親近感が湧いて話しがしやすくなりますよね。

初対面の人と話す時に役立つ共通の思い出

初対面の人と話を始めるとき「どこ出身ですか?」と言う質問はとても役に立ちます。返答が、自分の行ったことがある場所だったり、自分が住んでいた場所に近かったら、その人を身近に感じませんか?そして、より詳細な話題で共通の思い出が見つかると、最初の緊張が嘘のように、その空間は居心地のいいものになります。

共通の思い出を持つ効果

人は、初めてのことだったり、知らないものと接するとき少なからずストレスを感じます。そんな緊張を、共通の思い出が紐解いて、楽しい空間に変えてくれるはずです。共通のことが多いほど人は安心感を覚えます。

それが、外国の人であっても同じです。共通の場所にいったことがあるだけで話は弾み、打ち解けることができます。ぜひ、時間があったらいろいろな場所に出かけてみて下さい。きっといろいろな話が生まれて、話題が増えていきますよ。

その思い出を増やすと言う行為が、初対面のストレスを軽減してくれるはずです。

共通の思い出が安心感をもたらす理由

共通の思い出を持つ事で安心感が生まれるのには理由があります。それは、人間や生物は自分と似たものには敵意を向けにくくなるという特徴からきています。自分と似たものが多いほど、人はその人に親近感を覚えますし、安心します。そうするとどんどん距離が近くなり、その人と同じ空間が心地よくなります。

ザイオンス効果と共通の思い出

ひとは、同じ人に接触する回数が多くなればなるほど、親近感や好意が高まりやすくなります。それをザイオンス効果(単純接触効果)と呼び、様々な分野に利用されています。この時、接触の時の思い出や経験が深く楽しいものであればあるほど、好感度は高まり、親密になりやすくなります。

共通の思い出をより良くする香り

記憶と香りはとても密接な関係にあり、香りが記憶を呼び起こすと言うことも珍しくありません。つまり、思い出をよくする為には、香りをうまく使うと次に出会う時の印象もよくなりますし、香りで人を印象付けることも可能です。

ラベンダーや、オレンジ、ローズマリーなど香りが強く、記憶を刺激してくれるハーブを周りに置いたり、ハーブティーとして楽しむのも思い出を強く印象付けたい時にはとてもおすすめです。ぜひ思い出を印象付けたい時はハーブを利用してみて下さい。きっと、人との思い出をより良いものにしてくれると思います。

思い出が人との出会いをより楽しいものにしてくれますように

ハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です