目の疲れを癒す時間

急に目の疲れを強く感じるようになったという経験はありませんか?特に、秋になると太陽の照りつける角度が変わったり、夜が長くなることによって家で過ごす時間が増えると目に負担をかける生活が多くなります。目が疲れてしまうと、頭が痛くなったり、肩が凝ってしまったり不調が現れやすくもなってしまいます。そんな目が疲れてしまった時、私たちはどのような事ができるのでしょうか。

目が疲れる理由

近くのものを見すぎたり、強い光を浴び続けるなど目を酷使すると、目の中の細胞や目を調節している筋肉が疲れてしまいます。特に毛様体筋と呼ばれる目のピントを合わせている筋肉を使いすぎると、緊張し続けてしまう事で目が疲れてしまいます。さらに長時間このような時間が続くと、目は乾燥しやすくなり、目の中の栄養や酵素が不足することによって目は疲労を回復しない疲れた目になってしまいます。

目の疲れを癒す時間とハーブティー

目が疲れてしまうと、体の至る所に不調が出てきてしまいます。そんな時に必要なのは目を休める時間を作ることです。一旦眼精疲労が起こってしまうとなかなか、その状態から抜け出しにくくなってしまいます。そうならないためには、日頃から目を休めゆったりする時間を取るのが理想的です。特にゆったりと遠くを見ながら、目を休める時間を持つだけで目の疲れから解放される事があります。そんな目の疲れを癒す時間には、目を乾燥から守り、目に優しいハーブティーなどを選んで飲む事でより落ち着く時間を過ごす事ができます。

目に優しいハーブ

目が疲れてしまった時は、ローズヒップやハイビスカスなどの色の綺麗なハーブに、ローズマリーやバラ、エルダーフラワーを加えたハーブティーでその疲れを癒してみてはいかがでしょう。体が疲れている時にもおすすめなので、休憩やゆったりできる時間に入れてみるといいと思います。

疲れのない明るい毎日が続きますように

目が疲れてしまった時にハーブティーが癒しの時間を運んでくれますように

Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です