TeaTea Time

蒸らし時間で変わるハーブの美味しさ

ハーブティーを入れる時、その蒸らし時間についてどれくらいが適切なのか疑問に思った事はありませんか?ハーブには様々な種類があり、同じ種類のハーブですら時期やものによって適切な蒸らし時間は変わってきます。そんな、ハーブを美味しく飲む為にはどんな事に注意すればいいのでしょうか。

ハーブティーの入れ方と蒸らし時間

まず、美味しいハーブティーを作る為にはハーブ、ティーポット、ティーカップ、目の細かいティーストレーナーを用意します。もし、耐熱ガラス性のティーポットがあれば、ハーブの色や様子をみながら入れる事ができるのでおすすめです。

ハーブティーの入れ方

1:ハーブティーを美味しく入れる為には、まずティーポットをお湯で温める様にしましょう。一度お湯をティーポットにいれ、お湯を捨てる事でティーポットの温度が上がり、適切な温度でハーブを蒸らす準備ができます。

2:次にハーブをとり、ティーポットに加えます。この時ブレンドハーブの場合は全体的に均一になる様にハーブを取るようにしてください。

3:ハーブを入れたらティーポットに90〜98度のお湯を加えて蒸らしてください。

ハーブの蒸らし時間

ハーブの蒸らし時間は、ハーブの種類によって異なります。基本的には、リーフ系は3分程度、根や実は5分程度を目安にするといいですが、茶葉の種類や状態、自分の好みによってハーブの蒸らし時間は異なります。

リーフ系のハーブでも少しお湯の温度を低めに設定して、5〜10分蒸らすと、甘味が出てまろやかになる事があります。一方で、花系のハーブは、長く抽出する事で苦味や酸味といったものが強く現れ易くなるので、3分蒸らしてティーポットに移した後、もう一度お湯を足して飲む方が味は安定します。

苦味や酸味は、その時の体調や好みによって美味しく感じる事があるので、何度か試して自分の好きな入れ方と蒸らし時間を知っておくと、よりハーブティーを楽しめるようになりますよ。

美味しいハーブティー

ハーブティーを蒸らす時には、お湯を入れた後ポットの蓋をしっかり閉めてよく蒸らす事が重要です。蓋をする事で茶葉も開き易くなるので、ハーブが均一に抽出され易くなります。さらに、飲む直前にスプーンでティーポットをかき混ぜるとより均一で味のまとまったハーブティーを作る事ができるはずです。一度、ハーブティーの蒸らし時間を気にしながらティータイムを過ごしてみてはいかがでしょう。より奥の深いハーブティーの魅力に気づく事ができますよ。

蒸らし時間がハーブティーをより美味しくしてくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です