癒しの甘い香りとハーブの時間

甘い香りを嗅いた時、なんだかとても癒されたという経験はありませんか?どうして、私たちは甘い香りを嗅ぐと、気分が癒されたり、甘い香りに引きつけられるのでしょうか。そんな甘い香りを感じられるハーブを使ったティータイムはきっと癒しの時間と安らぎを運んでくれるはずです。

香りの効果

香りというのは、脳に直接的に作用し、体に変化を与えます。それは、嗅覚が生物にとってとても重要な役割を果たしている為です。特に自然界に存在する生物にとって、香りというのは生きる為にとても重要な役割を持っています。そんな嗅覚は、鼻腔から入り、嗅神経で感知されることで、大脳の辺縁系という部分に伝達されます。それにより、ホルモンが分泌されたりする事によって、体は変化します。つまり、香りは、私たちの体を動かしたり休ませたりする上でとても重要な役割を果たしているんです。

甘い香りとは

それでは、癒しを運ぶ甘い香りというのは一体どのようなものでしょう。実は、甘い香りという表現はとても曖昧で、特定の香りを指すものではありません。しかし、私たちは甘い香りというといい香りで癒さると思う事が多いです。それは、甘みという味覚を感じるものの多くが良い香りを放っている事が理由ではないでしょうか。特に、蜂蜜の甘い香り、花の甘い香り、果物の甘い香りといったように、良い香りと感じるものは甘い味覚を刺激するものが多いです。

甘い香りの効果

甘い香りを感じるものには、精油と呼ばれる芳香成分が含まれるもの多いです。そんな甘い香りは、脳に伝達され、生体内ホルモンを放出する事で、癒しの効果を示します。そうすると、気分が落ち着いたり、安心したり、と副交感神経を刺激するような状態になります。それは、甘い香りが私たち生物にとって、とても重要な働きを持っていて、そんな香りを嗅ぐ事で、幸福感や満足感を得る事ができるからではないでしょうか。本来は、そんなものを見つけた時に感じる満足感が、逆にいつでも手に入るようになってしまったことで、香り自体に癒しを求めるようになりました。

特に、忙しさやストれるを感じやすい現代では、そんな甘い香りが私たちの気持ちを癒してくれるかもしれません。

甘い香りのハーブティー

ハーブには、香りが豊かなものが多くあります。フローラル系から、蜂蜜のような甘い香り、お菓子のようなスパイスの香りなど気持ちに安らぎを運んでくれるもまで多岐に渡ります。そんな中でも、ローズ系の甘い香りや、カルダモンのお菓子のような香りをいつもの紅茶やハーブティーに加えて、新しい香りを作り出すだけで、気持ち癒される時間を過ごす事が出来ますよ。ハニーブッシュのハーブティーも甘い香りでとても美味しいと思います。

甘い香りが癒しの時間を運びますように

甘い香りのハーブで癒しの時間を

Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です