Health

自律神経と体重の増加

なんだか以前よりも体重が増えてしまい不安に感じてはいませんか?特に運動ができなかったり、ストレスや環境の変化で、ついつい食事や間食の量が増えてしまうと、知らず知らずのうちに体重が増えていることも少なくありません。そんな時いざダイエットをしようと考えても、なかなか体重が減らない事って多いですよね。

体重が増える原因

体重が増えるのは、食べる量が消費するエネルギー量より多くなる事が原因と考えるのが一般的です。しかし、たくさん食べても太らない人と、少ししか食べていないのにも関わらず体重が増えてしまう人がいるのは納得がいきませんよね。実は、体重が増加する事は食べすぎることだけでなく多くの原因が関わっているんです。

その原因には、遺伝的な要因や自律神経なども関わっており、この自律神経をターゲットにすると今まで痩せにくくなっていた体質を変える事ができる可能性があるんです。

自律神経と体重

自律神経というと、精神的な状態に影響を与えるというイメージが強いかもしれませんが、実はこの自律神経は体をうまく動かすためにとても重要な役割を担っています。例えば、自律神経のなかの交感神経が日中にうまく働かないと、アドレナリンという物質が出にくくなります。このアドレナリンは、エネルギー消費に大きく関わっているので、アドレナリンが出なくなることによって、体は脂肪や体重を増やす原因になると考えられています。

特に、外に出る機会が減ると、このアドレナリンが出にくくなる事で体重を増加させやすくします。最近話題になっているコロナ太りという言葉も、この交感神経が活発にならない事が原因とも考えられます。

体重を減らしたい時に体質を変える方法

体質を変えれば体重が減りやすくなる。そんな言葉を聞いても、体質なんてどう変えていいかわからないと思う事が多いですよね。そんな時、手掛かりになるのは、交感神経を活発にしてみる事です。交感神経を活発にするためには、外に出たり、やる気を出すのが一番です。何かをやるという気持ちが、アドレナリンを出しやすくして、交感神経を活発にしてくれるとおもいますよ。

また、体重を減らしたい時は、糖質を制限するのも効果的です、体に糖分がある状態では脂肪は燃焼しにくくなってしまうので、糖質を控え水分をうまく摂取しながら、体液のバランスを整えると痩せやすい体を手に入れる事ができると思います。

体質を変えたいをサポートするハーブティー

そんな時に飲みたいのはマテ茶に、フェンネル、マルベリーとエルダーフラワーを加えたハーブティーです。交感神経の働きが悪くなって、元気のなくなった時には特におすすめです。冷やすよりも暖かくして飲んだ方が飲みやすいので、暑い時期でも熱いハーブティーとして飲んでみてください。

痩せやすい体で元気な時間を過ごせますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です