Health

春から気になる肌荒れと紫外線

鏡を見ると昔よりシミやソバカスが気になって、なんだか鏡を見るのが嫌になる事ってありませんか?特に春から夏にかけては、肌を日光に曝す機会が増えますよね。そんな時、肌を守る方法を知っていたら心強いと思いませんか。

健康な肌とターンオーバー

さて、健康な肌とはどんな肌でしょうか。健康な肌の特徴は、肌のバリア機能がしっかり働いていて、ターンオーバーが正常な状態です。ターンオーバーとは、簡単にいうと肌の生まれ変わりのことです。皮膚の細胞は、生まれ変わりを繰り返して古い肌は、最後には体の外に出て行く事になっています。

この生まれ変わりが、正常に働かないと黒色メラニンが体の中に止まってシミやソバカスになってしまいます。

シミ、ソバカスと紫外線

特に日光に浴びる機会が増える春は、紫外線にさらされる事が増えます。紫外線に当たる事で、体は紫外線から体を守ろうとメラニンと呼ばれる物質を作ります。ターンオーバーがしっかりと働いていればこの黒い色素は体の外に排出されますが、ターンオーバーが狂ってしまうと、体の中に黒い色素が残ってシミになると言われています。ソバカスも原因は同じですが、遺伝にも関係するとされているので、別に扱われる事が多いです。

よく聞く肝斑(肝斑)とは

シミやソバカスと同様に、皮膚の問題を取り上げる時、肝斑という症状を聞く事があるます。一般的には、シミの一種ですが治りにくいと言われています。他のシミとの違いは、両ほほあたりに現れやすく、女性ホルモンとの関係が深いとも言われています。治療には、ビタミンCやトラネキサム酸が使われる事多いですが、自律神経を整え、ホルモンバランスを整える事が必要です。

シミや紫外線から体を守る方法

シミの天敵は、日光などの紫外線なので、日差しの強い日は、日焼け止めを塗って3〜4時間ごとに塗り直すのがおすすめです。塗る量も体の場所によってしっかりと調整してくださいね。日差しの強い日は帽子などで体を守るのもおすすめです。

そして、家に帰ったらしっかりと日焼け止めを洗い流すようにしてください。肌荒れもターンオーバーを崩す原因になりますよ。

できてしまったシミやソバカス、肝斑は体のターンオーバーを正常に戻す必要があります。自律神経を整えるように、ストレスのない生活を心がけるようにしてください。もしそれが難しいようであれば、ビタミンCやアミノ酸の整った食事をとってみてください。酸化しやすい食事を控えるのもいいと思います。

紫外線とハーブティー

そんな時のハーブティーには、女性の味方レッドクローバー、ビタミン豊富なローズヒップに、カレンデュラ、ルイボスを加えたブレンドがおすすめですよ。甘みと、ハーブの香り広がるブレンドは、きっとこの春に自信を届けてくれると思います。

鏡の前にいる自分が好きになれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です