自分で健康を守る、セルフメディケーションという言葉とは

自分で健康を守る、セルフメディケーションという言葉とは

セルフメディケーションという言葉を聞いたことがありますか?ここ数年で、この言葉を少しずつ耳にする機会が多くなってきました。では、セルフメディケーションとはどんな言葉でしょうか?知っている人も、知らない人も、この言葉を知っていると身体を守る手助けになるはずです。

セルフメディケーションとは

セルフメディケーションは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機構は定義しています。そう言うと少し難しいかもしれませんが、簡単に言うと、まず病院に行く前に、自分で判断して、軽度なものはひどくなる前に薬やその他の方法で治すということです。日本では、このセルフメディケーションをそれぞれが行って、元気な人を増やそうとする試みを進めています。平均寿命が伸びている現代では、日々の生活をいかに楽しく健康に過ごすかが、今後特に重要になってくると思います。

でも、やっぱり自分で判断して大丈夫かな、とか本当にこれで良いのかなと、心配になることってありますよね。そんな時に気軽に聞ける人がいると、とても安心します。

不安なことを聞ける存在がいると、どんなことでもすごく楽になりますよ。そんな存在を近くに見つけておくことが、健康な時間を維持する手助けになるはずです。

病気にならないように

もし自分の体調を管理できていれば、体調を崩した時も対処がしやすいです。早くに体調が回復すれば、元気で居られる期間が長くなります。もし、病院に行かなくては行かなくなった時も、いつもとの違いをうまく話せるので、治療もうまく進めてもらえます。ぜひ、自分の健康を守るために、セルフメディケーションを取り入れてみてください。

ハーブティーで知る自分の健康

ハーブティーは自分の状態を知る良い手がかりになるはずです。味覚や、嗅覚を通してハーブが今の状態を教えてくれます。そして、ハーブを知ることは、自分の体調を知る手がかりにもなるので、少しずつハーブについて知っていくと体のことがわかってきますよ。ハーブが健康な時間を維持する手助けになればと思います。

健康で楽しい日が増えますように

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。