目にして初めてわかること

a picture is worth a thousand wordsの意味と目にして初めてわかること

きっと誰もが、本当はしてみたいけどできない事や、行きたいけど行けない場所をいくつか持っていると思います。しかし、時間には限りがありますし、やるための第一歩が重いと考えている方も多いのではないでしょうか。もし考えているだけで行動に移していない事があったらぜひ、その一歩を踏み出し、新しいものをみてください。

a picture is worth a thousand wordsという言葉をしっていますか?

 A Picture is Worth a Thousand Wordsとは

a picture is worth a thousand wordsは

そのまま訳すと1枚の絵には千の言葉の価値があるという意味になります。

これは、言葉を聞くよりも見た方が理解が早いという意味合いで使われる言葉です。

日本でも百聞は一見に如かずと言いますが、見た物というのは私たちに視覚という刺激を与えます。考えていてわからなくなってしまったことも、目に映る視覚の刺激で解決してしまうといった事が多くあります。

目にして初めてわかること

一歩踏み出して新しいものと出会うと、とても新鮮な気持ちになります。見る事はいつもは考えられないことだったり、いつもと違う感情が私たちを前に引っ張ってくれるかもしれません。新しい場所に行って、新しい人に出会うとさらに楽しいことが待っていますよ。

目にすることは前に進むこと

一歩を踏み出すと、今その場所にいた自分より必ず前に進みます。聞いていただけではわからなかったことが、目にすることで形になります。一度前に進んでしまえば、二歩目は簡単です。どんどん前に進んでください。きっと自分がやりたかった事に出会えると思います。

初めての経験とハーブティー

ハーブティーというものをよく知らない方も、ぜひ一度ハーブを見て、味を確かめてみてください。きっと思っているよりも香りが良く、美味しく楽しいんでいただけると思いますよ。また、初めて見るハーブの形や花の色はきっと新しい刺激を運んでくれるはずです。ヒースやコーンフラワー、スターアニスやカルダモンなどのハーブを直接見て味わうことできっと新しい発見と刺激が生まれると思いますよ。

少しでも迷っていることがあったら、ぜひ試してみてください。その先には、新しい出会いが待っています。

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。