psychology

状況を変えられない時ほど視点を変えるべき理由

映画や映像を見ている時、気持ちを揺さぶられたり、感情が変化することはありませんか?これは、カメラの視点が変わったり、音楽によっていつもとは違う物の見方や、感情の変化を演出しているからなんです。もし、いま自分が抜け出せないような辛い状況にあったり、環境を変えたいのに変えられない時、見る物の視点を変えてみると、状況が変わる事があります。

人の物の見方

人は、それぞれ生きていくうちに自分なりの物の見方が身についてきます。それは、深く考えすぎるより、効率化して物事を円滑に進める事が、生きていく上で役に立つからです、しかし、視点を変えられない事によって生まれる弊害もあります。その弊害は、柔軟性の欠如という言葉でも表す事ができます。自分の中に、ルールや決まった視点を固定してしまうと、物事を偏った目でみるようになってしまいます。そうすると、知らず知らずのうちに、何かに拘束され、ストレスの溜まりやすい体になります。実は、そんな時は視点を変える事が、状況を変える大きな鍵となるんです。

カメラワークと視点

人の視点は、普段生きていく上では同じ位置に固定される事が多いです。しかし、映画やドラマなどの映像を撮る時、撮る側は様々なカメラの位置や、動かし方を駆使して、情景や感情を伝えようとします。そのカメラのアングルは、普段私たちが見ている景色とは異なるはずなのに、普段以上の感情や気持ちを生み出してくれます。そんなカメラワークの手法をほんの少し生活に取り入れると、視点を変えるヒントになりますよ。特に、景色を変えやすいのが、Worm’s Eye View(ワームズアイビュー)と呼ばれる、小さな生物が上を見上げるような視点です。このような視点で物を見ると、きっといつもと違う発見がたくさんあると思います。体勢ととしては少し変わった体勢になることもありますが、思い切ってそんな体勢をとってみるのも面白いと思いますよ。

視点を変える事で生まれる物

様々な状況や、他の人や生物が見ている視点から物事を見ると、きっといつもの世界が普段とは異なって見えるようになります。たったそれだけのことですが、もしかしたら、あなたを縛り付けている何かから抜け出すヒントがそこにはあるかもしれません。自分の世界を限定しないで、世界を見る事ができたら、きっと心がもっと楽になるはずです。まずは、少し自分が変だなと思うこともやってみるといい事が待っていますよ。

視点とハーブ

ハーブは、もともと地上に生えている植物です。そんな植物の生える環境や、様子を見てみるのもとても面白いです。特に、ハーブを下からみるだけでも、いつもと違う景色が広がっています。自然の中に行き、ハーブを収穫して、少しいつもと違う視点でハーブを楽しんでみると、自分が本当はもっと自由であることを教えてくれます。そんな、ちょっと変わった視点を持つとたくさんの発見がありますよ。

視点を変える事で多くの発見がありますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です