寒い日の朝に肩が凝りやすい理由とハーブで始まる暖かい朝

寒い日の朝に肩が凝りやすい理由とハーブで始まる暖かい朝

なんだか寒くなってきて、朝起きると肩が凝って寝起きが悪いと感じることはありませんか?寝違えたわけでもないのに、首が痛くなったり、朝が辛いと感じるのは、朝肩こりかもしれません。特に冬の室内は、温度の変化が激しく体の不調を招きやすいので注意が必要です。

朝に肩凝りを感じやすい理由

肩が凝るのは、血行不良が原因の場合が多いです。特に夜と朝の冷え込みは、血液の流れを悪くして肩に緊張を与えます。すると肩に疲労が溜まって肩が凝ってしまいます。冬は、布団の中は暖かいのに外気が寒いので、布団がかかっていない肩や首が冷えてしまいます。首が冷えると血行が悪くなり、体の不調が現れやすくなります。

寝る時に首を冷やすと、免疫力も低下して風邪なども引きやすいので、寝る時に首をタオルなどで覆うと、体調を崩しにくくなりますよ。そうする事で睡眠も良質になって、朝の疲れが軽減するかもしれません。

眠るときは、肩に力が入らないうよう、緊張を解くことが重要です。お風呂に入ってすぐに寝るのも温度の変化が激しくなり負担が増えるので、お風呂のあとは体温が安定するまでゆったりと体を冷やさないように時間を取るのがおすすめです。

体巡るハーブティー

体の流れを良くしたり、温めることは疲れを取る為にとても重要です。体が冷える時は、ハーブティーで体を温めると朝が清々しく迎えられます。こんな時期は、ジンジャー、サフラワー、カモミール、レッドクローバーにステビアを加えたハーブティーはいかがでしょうか。ほんのり甘くピリッとしたジンジャーが香る冬にオススメの体巡るブレンドです。

肩の軽いスッキリとした朝から1日が始まりますように

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です