Health

寒い日に体が痛む理由とその対処

寒くなってくると、関節が痛くなったり、昔怪我をした場所がうずくと言った経験をした事はありませんか?特に古傷が痛むというのは、完治している場所が痛むという事で不思議に思う方も多いかもしれません。では、どうして寒くなるとこのような痛みを感じやすくなるのでしょうか。

寒さと痛み

体には痛みを感じる末梢神経と呼ばれる神経が張り巡らされています。この神経は筋肉の間を通って様々な部位とつながっているのですが、寒い日になると、体は筋肉を収縮して寒さから体を守ろうとします。その過程で筋肉が神経を圧迫して体が痛むという事が起こります。さらに、古傷などがある場所は、痛みに対して神経が敏感になっていたり、傷がうまく修復されていない事があり、そのような場所では痛みを感じやすくなってしまうので、寒い日は痛みを感じやすくなります。

また、冷えは痛みを引き起こす物質を増やしたり、老廃物の循環が悪くなる事でより痛みを増すこともあります。そんな冬の痛みはストレスを感じやすくするので、痛みを緩和するのはとても重要です。

寒い日の痛みから体を守る方法

寒い日は体が硬ったり、血流が悪くなる事で痛みが増強します。そんな時は、冷えを感じにくくしたり、血流が滞るのを防止することで改善する事があります。特に、冷えてくると体に力が入りやすくなりますが、圧迫は痛みを助長するので、圧迫するような衣服を避けるのがおすすめです。

また、末端が冷えると血流が滞って老廃物も貯まりやすくなるので、末端がうまく機能するようにするのもおすすめです。運動やストレッチができる方は適度にこれらを毎日の生活に取り入れるといいですが、もし難しければハンドマッサージをしてみるといいと思います。末端を温めて血行を促進する事が痛みを和らげてくれる事があります。

寒い時の痛みから身を守るハーブ

寒い時はどうしても血流が滞り痛みが現れます。そんな時に温かいハーブティー は体を温めるのに役立ってくれます。特にローズマリーやジンジャーはそんな時にぴったりのハーブです。また、少し苦味はありますがフィーバーフューもおすすめです。そんな寒い日にはハーブを飲んで気持ちを落ち着けてみてください。

痛みのない日々が続きますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です