precious time

辛い時にこそ持ちたい優しさ

自分ばかりに辛い事が降りかかってくると、人に優しくしたり、心に余裕を持つ事って難しくなってしまいませんか?でも、そんな辛い時こそ人に優しくする事ができたら、きっとその辛い状況から逃れるきっかけをくれると思います。

辛い時にこそわかる他人の気持ち

実は、余裕がある時よりも余裕がなかったり、辛い出来事の後の方が人に対して優しい気持ちを持つ事ができます。しかし、あまりにも自分に不幸が降りかかると、わかってはいても人に優しくするほどの余裕がなくなってしまいます。

そんな状況では自分のことに精一杯になってしまい、優しくしたいという気持ちはあっても体や言葉に表せなくなってしまう為です。一方で自分が元気な時は、人の気持ちに対して敏感に反応する事はできないので、いくら余裕があっても、なかなかうまい優しさを届けられない事があります。

辛い時こそ優しくした方がいい理由

そんなジレンマの中で、特に大切にしたいのが、辛い時に人に優しくする気持ちです。実は、そこに自分も元気になれるきっかけがあります。もし、人に対して優しくしたいという気持ちがあったとして、その気持ちを隠し、何もしないと、自分の心に負担をかけてしまいます。その負の連鎖は、どんどん自分を苦しめていってしまいますし、前に進めない原因を作ります。

そんな時、ほんの少しの勇気を振り絞って、人に優しくすると自分にとっていい未来につながります。優しくできた事実は、きっと何かしらの形で自分に返ってきますし、優しくした事で強い自分になる事ができます。辛い時に優しくする事は、強い自分を作る為にとても大切です。優しさの中には優しがが集まってくると思いますよ。

優しくする勇気を持つハーブティー

優しくしたくても、どうしても一歩が出ない時、自分が不幸の中に囚われている時、そんな時は幸せを運んでくれるカモミールとエルダーフラワー、レモンバーベナにストロベリーリーフを加えたハーブティーを飲んでみてはいかがでしょう。ハーブが、優しい時間を運んでくれると思います。

優しい勇気が持てますように

辛い時にこそ持ちたい優しさ” への2件のフィードバック

  1. このタイトルを見ただけで、涙が溢れて出てきました…大切な友人を亡くして、月命日や、お盆、そしてお彼岸になると友人との思い出に浸ってしまいます。だけど、自分が辛いと感じている時の方が、感情も豊かになり、
    やはり大切な人の事を思い出します。
    普段の生活では、なかなか連絡取れないですが、勇気を出して、大切な友人に連絡を取っている自分がいます。
    やはり毎日の日課にハーブテイを取り入れて、穏やかな気持ちになれているからだと感じる私です!

    1. トミーさん
      いつもコメントありがとうございます。
      トミーさんの優しい気持ちは、いろんな人に届いていると思います。
      そんな勇気と優しさが周りいっぱいに溢れるといいですね。
      ハーブティーも毎日飲んでいただいてありがとうございます。
      優しい毎日が続くことを願っています。
      jasper green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です