大切にしたい束の間という時間

『束の間の幸せ』『束の間の休息』こんな表現を見た時、どんな気持ちになりますか?どちらも、ごく短い時間をとても大切に思う一方で、その瞬間が終わってしまう事に関する切なさや寂しさのようなものが内在している表現になります。では、この表現を可能にする束の間とは一体どのような言葉なのでしょうか。

束の間という言葉の意味

束の間という言葉は、ほんの僅かや、あっという間の時間という意味があります。この語源は、一束(ひとつか)という単位が語源となっています。この一束は指四本分の幅から来ており、とても短い事を表す表現です。この単位が時間を表す時に使われるようになり、いつの間にかほんの少しの時間を表す単位として使われるようになりました。

束の間に込められる思い

束の間には、多くの場合はかなさが込められています。その一瞬のなかにしか存在しない事、つまり、他の事柄が多くを占めているのに、その間、自分に許されたほんの僅かな時間で出来ることや、自分に許された事を行うという、とても大切な時間です。しかし、束の間はすぐに終わってしまい。その終わりには儚さや、切なさが内在してしまいます。そうすると、束の間がとても愛おしくなり、大切な時間に感じてしまうんです。

束の間を大切に使う

束の間を大切にする事で、きっと多くの事が変わると思います。ほんのわずかしかないからこそ、その分いつもと違う事を考えられますし、いつもと違う事ができます。そんな違う視点から見た景色はとても素敵である事が多いはずです。ぜひ束の間を見つけたら、いろいろなものを見てみてください。きっと新し発見があるはずです。

束の間のティータイム

雨や曇り空が続く日の合間、束の間の晴れ間を見つけたら、その光を見ながらティータイムをとってみてください。きっと光がカップやグラスに移りとても幻想的な時間を過ごす事ができると思います。カモミールやペパーミントを加えて晴れ間を見ると、きっと気持ちも晴れてくると思います。

束の間が癒しの時間になりますように

束の間に飲みたいハーブティーは甘い香り

Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です