Herbal Tea

夏の日焼けとハーブティー

急に暑くなった事で、夏に対する準備を忘れて日焼けをしてしまったという経験はありませんか?そんな時、日焼けをした後どんな対処をするのが正しいか悩んでしまう事ってありますよね。日焼けは、そのまま放置してしまうと、肌に負担をかけ、肌のトラブルを招いてしまいます。そんな日焼け後は、いったいどんな処置をしておくのがいいのでしょうか。

日焼けとは

日焼けは、日差しが強くなる季節に皮膚が過度の太陽光にさらされる事によって起こる皮膚炎です。軽症の場合は、肌が赤くなる程度ですが、重症になると水膨れができたり、皮膚が腫れて皮膚が剥がれて痛みがでるなどの症状に悩まされる事があります。

原因は、UV-Bと言われる紫外線です。この紫外線が肌を攻撃し、炎症を起こしたり、その後に肌にメラニン色素沈着を起こさせ、しみやそばかすの原因になったりします。

そんな日焼けをしてしまった時は、24時間以内の早めの対処が大切になってきます。

日焼けをしてしまった時にできる事

日焼けをしてしまった後は、できるかぎり早く冷やす必要があります。日焼けは火傷が起こっている状態なので、皮膚の熱をとり、その後に保湿と炎症を抑える必要があります。すぐに自分でできるのは、冷却後に保湿をする事です。保湿をして皮膚の再生を促す事で、痛みを軽減する事ができます。

それでも痛みがひかない場合は、病院や薬局にいって薬を手に入れる方法もあります。ステロイドや、非ステロイドでも火傷や日焼けに効果のある薬を使う事で、辛さが軽減する事がありますよ。さらに、日焼け後は肌の修復を早くする事で、しみやそばかすから体を守る事ができます。そんな場合は、ビタミンCが豊富なものだったり、皮膚の修復を早めるものを摂るようにするのがおすすめです。

日焼けの後に飲みたいハーブティー

日焼けの後には、ローズヒップやハイビスカス、ヒースにカモミールなどを加えたハーブティーがおすすめです。保湿や肌の修復のためにカレンデュラを用いるのもいいかもしれません。特に、暑い夏は酸味の効いたハーブティーを美味しく感じやすいので、そんな暑い日にもおすすめです。

ハーブが体調を守ってくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です