ArtHerbal Tea

冬に寂しさを感じやすい理由と冬の色

四季のある国に生まれると、眼に映る景色やその色の変化が季節の変わり目を教えてくれますよね。そんな季節の変わり目は、感情も体調も変化しやすい季節。特に秋から冬にかけての色の変化は、気持ちを大きく変える事があります。どうして、冬はそんな変化が起こりやすいのでしょうか?

冬が気持ちを変化させる理由

冬になると、何だかひどい寂しさに苛まれて人肌恋しくなる事ってありませんか?特に、紅葉が終わり葉が散り始めるとその気持ちはより強くなりますよね。どうして、この季節はそんな気持ちになりやすいのでしょうか。それは、冬の始めが生物にとって寒さを乗り越え、生命活動を維持する準備期間だからです。

生物は冬の環境を生き抜く為に、様々な機能が備わっています。例えば、冬の寒さが不安を感じやすくさせる事で生き抜く為の行動を取りやすくさせます。そんな生物の機能が、現代でも寂しさとして私たちに降りかかってくるんです。

寒い冬には、自分だけの体温より他の人がそばにいた方が体は暖まりやすく、人肌が恋しくなる事も生物としては当然の機能です。しかし、そんな機能の面だけをみていては、情緒や趣を感じることはできません。

冬の寂しさを楽しむ方法

冬の景色や色の変化が寂しさを教えてくれたとき、その寂しさを受け入れて感情の赴くままに過ごしてみる事が、人生を豊かにしてくれます。冬の景色をみながら、感傷に浸る。そんな寂しい気持ちの先にはきっと何かしらの意欲が待っていると思います。本来は寂しい気持ちを抱いているはずなのに、その状況すらも何だか心地よく感じて、景色をより劇的に変化させてくれる事もあるかもしれません。もし、人肌恋しく感じるなら、寂しさを埋めるための行動に出てみるのもいいですよ。きっと、その暖かさを感じる事が出来ると、気持ちも満足して幸せを感じやすくなります。

寂しい冬を暖めるハーブティー

冬の寂しさは、体温の低下からくる事もあります。もし寂しさで心が苦しくなってしまったら、温かいハーブティーで心を癒すのもおすすめですよ。きっと、少し体が温まると、ちょうど良い感情で冬を過ごす事が出来ると思います。そんな冬に飲みたいのは、ジンジャーとエルダーフラワーにステビアを加えたピリっと甘いブレンドです。そんなハーブティーを飲みながら、外の景色を感じると素敵な情景を感じる事ができます。

寂しい冬の気持ちが趣に変わりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です