Herbal Tea

記憶のハーブ、ギンコウ

ギンコウというハーブを知っていますか?ギンコウは日本名をイチョウと言います。イチョウと聞くと急に親近感が湧いてきませんか?日本ではまだイチョウをティーとして飲む機会は少ないと思いますが、ギンコウというハーブはとても素晴らしいハーブなんです。

強い生命力を持つハーブ

ギンコウは、地球上に2億年もの間生き続けているため、「生きた化石」と呼ばれ、日本でも長寿の象徴とされています。原子爆弾が投下された後に一番早く生命を取り戻したのもイチョウだったと言われています。ドイツでは、ギンコウの製剤が認知症や、めまい、耳鳴りなどに使われており、冷えや、抑うつなどにも使用されています。頭をスッキリさせたいときや、物忘れが気になるときにとても役立つハーブです。日本では、神社の境内や道路の脇に植樹され秋の終わりには、とても綺麗な紅葉を見せてくれます。とても生命力が強く、特徴的な形から昔は目印としても使用されていたそうです。そんな生命力の強いギンコウのハーブティーを一度試してみてはいかがでしょうか。

ギンコウの飲み方

ギンコウは、その飲みやすさも特徴で、香ばしく甘い香りが広がるので私たち日本人にはぴったりのハーブです。緑茶などの代わりにしても美味しく飲んでいただけるのでシングルハーブとしてもおすすめです。ブレンドしても、他のハーブを飲みやすくまとめてくれる使いやすいハーブです。ぜひカモミールやローズマリー、セージなどとブレンドして飲んでみてください。ティーメジャースプーン1杯程度をポットに入れ、熱湯200〜300mlを注いで、5分ほど蒸らして飲んでいただくといいと思います。

ギンコウがスッキリとした1日を届けてくれますように

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です