夏の不調と胃の痛み

Health

夏の不調と胃の痛み

急激に暑くなると、体がだるくなったり、胃腸が上手く動かず食欲不振になった経験はありませんか?特に温度の変化が激しく、湿度の高い日が続くとこのような不調に陥ることが多くなると思います。そんな時私たちの体の中では一体どのようなことがおこっているのでょうか。

夏の初めに体が重くなる理由

夏の始まりは、体内の熱を発散するために自律神経が過度に働くようになります。この自律神経は、体内の熱や水分を調節するのにとても重要な役割を担っているのですが、現代社会では、冷房などの発達によってこの温度の上昇に体が馴染むことなく、自律神経が過度に働くことが多くなっています。

過度なエネルギーの消費と合わせて、胃の血流量も減り、働きが悪くなったり、胃腸を傷つけることによって不調が現れるようになります。

夏の不調から体を守る方法

まず、暑い季節は過度に動かず暑さになれるようにゆっくりと外にでて体調を整える必要があります。また、夏の始まりは睡眠の質が下がりぎみです。まずゆっくりと休息をとり、体力を回復してみてください。水分に関しても、急激に冷たいものを摂るのではなく、ゆっくりと水分補給をするようにしてみてください。意外と簡単に思える習慣が体を整えるきっかけとなると思います。

夏の不調とハーブの時間

それでも体の重だるさや、胃腸の不調が治らないときは、内側から体を整えてみてください。特に胃腸が弱っている時には、胃腸の調子を整えることで体がうまく回り始めることがあります。カルダモンやジンジャー、ペパーミントを加えてゆっくりと抽出したハーブティーがおすすめです。ほんのり苦味のある植物や、酸味のある植物も体力を回復するのにおすすめです。身近な、梅やゴーヤなど季節の食材を取り入れていくと体は整うので、その季節の食材を美味しくとりいれてみてはいかがでしょう。

夏から体を守ることができますように
タイトルとURLをコピーしました