レッドクローバーの歴史

レッドクローバーの歴史

レッドクローバーという植物をご存知でしょうか。おそらく一度は見たことのある植物だと思いますが、通常の白いクローバーが一般的なので意識していないと目にしていても気づいていない方もいるかもしれません。

レッドクローバーとは

レッドクローバーはヨーロッパが原産のマメ科の植物で日本ではアカツメクサと呼ばれています。大きさは30cmから60cmと比較的大きく、花の色が赤紫色であることからレッドクローバーと名付けられました。

レッドクローバーの歴史

レッドクローバーの歴史は非常に古く、古代はその繁殖力の高さから牧草として利用されていました。古代ギリシャやローマでは、レッドクローバーが薬用植物としても利用され。その時代には呼吸器系や皮膚など様々な用途に使用していたと伝えられています。

文化的にはレッドクローバーは多くの場所で幸運や繁栄のシンボルとしても利用され魔除けなどの意味合いもあったと言われています。

北アメリカとレッドクローバー

北アメリカにレッドクローバーが持ち込まれたのは17世紀以降のことだと言われています。その後にネイティブアメリカンが独自の観察により、薬用や儀式的に使用するようになりなりました。ネイティブアメリカンは、皮膚への外用、浄血などを目的に使用していたと言われています。

現代のレッドクローバー

現代でもレッドクローバーは抗炎症作用や抗酸化、女性の更年期症状などに関する研究が進められ利用されています。ハーブティーとしても昔と同様に様々な地域で飲まれ、その優しい味わいからブレンドなどにも重宝されています。

レッドクローバーが良い時間を運びますように

ハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です