心温まる言葉が身に染みる理由

心温まる言葉が身に染みる理由と真冬のハーブティー

温かい言葉をかけられて、気持ちが楽になった経験はありませんか?気持ちが弱っている時ほど温かい言葉が身にしみてしまうものです。では、どうして言葉は私たちの心を温めてくれるのでしょうか。

心温まる言葉が身に染みる理由

心温まる言葉とは、人の優しさや絆などに触れ和やかになる言葉をいいます。そんな人の優しさが身に染みてしまう時、私たちは少なからず気持ちが塞いだり、元気がない事が多かったりします。特に肌寒く感じる季節、私たちは不安や心配ごとなどを感じやすくなり、刺激に敏感になります。そんな感傷的になっている時に人から優しい言葉をかけられると、気持ちが和み不安に思っていた事が軽く感じるようになります。もし、あなたに大切に思う人がいるならこんな季節こそその人のために温かい言葉をかけてみてはいかがでしょう。

心温まる言葉をかけるには

心温まる言葉とは、その人の事を考えて贈る言葉です。人は、共感してもらったり、自分と繋がりがあるような言葉をかけられた時、心を動かされます。そんな言葉をかけるためには、相手の事をよく理解し、どんな言葉をかけるといいかよく考える必要があります。何かに悩んでいたら、その悩みを共有してあげたり、孤独な気持ちになっていたら、その人に優しく寄り添うような言葉をかける事で、きっと救われる人がいるはずです。どんな時も相手の立場にたって考えることで、心が温かい時間が増えていきますよ。

真冬のハーブティー

心が寒く感じてしまう時、私たちはもしかしたら体の深部体温が下がってしまっているかもしれません。そんな時は温かいハーブティーを入れて体温まる時間をつくってみてはいかがでしょう。温かい体が刺激から身を守り、心も暖かくしてくれるかもしれません。

寒い日は、ジンジャーやエルダーフラワー、シナモンを加えたハーブを楽しんでみてはいかがでしょう。きっとピリッとしたハーブとシナモンが心を温めてくれるはずです。

心が温まる時間が増えますように

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。