ハーブティーを楽しむための抽出時間

ハーブティーを飲むとき、どれくらいの時間でいれると美味しくなるのかと迷ってしま事はありませんか?お茶や紅茶の抽出時間はまとめてある事が多いですが、ハーブティーはそんな抽出時間の目安を見かけることも少ないです。それは、ハーブには様々な種類があり、使う部位によっても抽出する時間の目安が違うのも理由の一つになっています。

ブレンドハーブとシングルハーブの抽出時間

ブレンドハーブを抽出する場合、そのブレンドを作った人が一番美味しい抽出時間を知っています。そのため、ブレンドハーブを手に入れた場合、その作り手にハーブの抽出時間を聞くのがおすすめです。

しかし、時間を聞く事ができない場合は、まず、2分から3分くらいの時間でハーブを抽出してみてください。もし物足りなければ、もう少し抽出時間を長くしたり、お湯を加えて2回目の抽出をする事ができます。多くの人は、ハーブティーを抽出するとき、長い抽出しすぎたり、短く抽出しすぎる為に、ハーブティーを美味しくないと思い込んでしまう事が多いですが、この方法であれば失敗が減ると思います。

また、部位別のシングルハーブの特徴を知っておくとハーブティーをいれる時間の目安を自分で決める事ができます。シングルハーブや、花や葉など同じ部位を使ったハーブがブレンドされている場合などは、その特性からある程度の抽出時間を知る事ができます。

抽出する時の味と成分のバランス

ハーブティーをバランス良く、美味しく作りたい場合、抽出時間は短めを選ぶと美味しく飲みやすく感じると思います。しかし、ハーブティーとして成分や全てを余す事なく使いたいときは、長めの抽出時間を取るか、2回目、3回目まで抽出して味と成分を出し切ることも可能です。

花を使ったハーブティー

もし、カモミールやローズペタル、エルダーフラワーなど花を使ったハーブの場合、香りを感じたい時は1分ほどを目安に抽出すると香りを存分に楽しむ事ができます。1分で抽出した場合は、その後お湯を足して、2回目を3分ほど抽出して楽しむのがおすすめです。1杯で味と香りを楽しみたいとき、花を使ったハーブは、2〜3分程度で楽しむのがいいですが、存分に成分と味を出したい時は、5分ほど抽出することも可能です。

葉を使ったハーブティー

葉を使ったハーブは、3分から4分ほど抽出するのがおすすめです。葉を使ったハーブは、ゆっくりと甘みと香りが出てくる事が多いので、待つ事ができれば6分ほど抽出しても香りと味の強いハーブティーとして楽しむ事ができます。

茎や幹、種を使ったハーブティー

茎や幹を使ったハーブは花や葉よりも、抽出時間を長めに取ると、成分が抽出しやすくなります。およその目安は3分から5分ですが、6〜8分ほど抽出して、成分を出し切る方法もあります。

根を使ったハーブティー

根を使ったハーブは、他の部位以上に抽出しづらいので、5分以上抽出するのがおすすめです。全てを余す事なく使いたい場合は、煮出して飲むか7〜9分ほど抽出してみてはいかがでしょう。

そのほかにもハーブの種類は多くありますが、ハーブティーは美味しく素敵に飲むのが一番です。そのために自分の好きな抽出時間を知っておくのはとてもおすすめです。そんな抽出時間を知ることで、ハーブティーはより美味しいものになるはずです。

良いハーブの時間が訪れますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です