Tea

ウイルスで不安な時に役立つ手洗い方法

ウイルス感染拡大の報道とは裏腹に、アルコール消毒やマスクの不足で心配になってしまってはいませんか?確かに、アルコール消毒があれば心強いですが、手元になくなってしまったからといって不安になりすぎる必要はありません。特に、確実な手洗い方法とウイルスを体に入れない方法を知るだけで、感染する確率を大幅に減らす事ができるんです。

感染症に役立つ手洗い

人がウイルスに感染するのは、手に付着したウイルスを目や鼻、口を介して体内に取り込んでしまうからです。さらに、感染した手で色々な場所を触ればウイルスは色々な場所に付着してしまいます。これが、目に見えないウイルスがどんどん伝染していってしまう原因になります。

こんなことを聞くと、なんだか簡単にウイルスに感染してしまいそうで怖いですよね。でも、そんなウイルスを体に入れないとても簡単な方法が手洗いなんです。

役に立つ手洗い方法とは

手洗いといっても、ただ手を洗うだけでは手に付着したウイルスを完全には取り切れていません。このままいろいろな場所を触ってしまうと少なからずウイルスを広げてしまうことになります。

そんな時重要なのは衛生的な手洗いを心がけることです。

まず衛生的な手洗いをする時には、普段洗えていない部分を意識して時間をかけて手を洗うことです。最初は面倒かもしれませんが、自分や周り人を守るために30秒以上、もしできれば1分以上かけた手洗いを心がけてみてはいかがでしょう。

手洗い方法

1:まず手前に大切なのは汚れた手で蛇口を触らないことです。もし、蛇口を開けるのが難しそうであれば直接じゃ口を触らないように清潔なものを介して蛇口をひねるようにしましょう。

2:水が出たら石鹸を使って水を使いながらよく泡だてます。

3:まず手のひらや甲をしっかりと洗います。

4:ここからが重要ですが、よく忘れがちな手の指と指の間を両手の指を組むようにして洗います。

5:次は、指先を片方の手のひらに擦るようにしてしっかりと洗います。

6:親指の周りも忘れやすいので、片方の手で親指を覆うようにして洗います。

7:最後に手首もよく洗い、全ての泡を流水でよく流します。最後にペーパータオルを使って水気をしっかりと拭き取ってください。

もしあれば最後にアルコールを使うとよりいいですが、なくても心配になりすぎる必要はありません。どうしてもという場合は、ペーパータオルで拭き取るまでの工程を2回繰り返すといいですよ。

ハーブで作るスプレー

もしアルコールがない場合、ハーブチンキを使って手洗い後のスプレーを作る事ができます。この場合、ウオッカを使って、タイムやローズマリーでチンキを作り、精製水とグリセリンを使って化粧水を作る要領でハーブスプレーを作るのがおすすめです。

ハーブと手洗いで安心な時間が増えますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です