Herbal Tea

絵本を読む時間とハーブティー

子供の頃、絵本を見ているとなんだかワクワクしませんでしたか?文字は分からなくても、その絵を追っているだけでストーリーが頭に入ってきて、楽しい気持ちになったり、感情を揺さぶられたりした記憶があるかもしれません。そんな絵本の中には、大人になってから見ても、とても心に響くものがあるんです。

絵本とは

絵本というと、絵を中心に物語が進む子供向けの書籍の一種として知られています。特に、子供の想像力や語彙力を発達させる為、教育の一環として絵本を読む文化は私たちの中に浸透しました。絵本を読むことで、子供と大人のコミュニュケーションがはかれたり、同じ感性を同時期に共有できることによって、信頼を構築できるなど、絵本を生活の中に取り入れることは、多くの利点を含んでいます。

絵本と大人

近年、この絵本は子供のためだけのものではなく、大人にとっても価値のあるものだと言われるようになってきました。忙しく、不安が生まれやすい現代社会では、子供のために作られた絵本が大人の心に刺さる事が多くあります。大人になるごとに忘れてしまったもの、そんなものを絵本が思い出させてくれます。

絵本の中には、子供の頃には気づかなかった物語の深い理由や、子供の不安を取り除いてくれる言葉があります。そんな言葉や、絵の中に隠されているメッセージが大人にとっても癒しの効果を発揮してくれるんです。

忙しく、不安の多い社会の中では、長い本が読めない事があります。そんな時は、可愛い絵本を手にとってふと眺めてみてください。絵を見ているだけでも、心が救われる事がありますよ。

絵本を読みながら飲むハーブティー

ゆったりと、絵本を読みたい時はハーブティーがおすすめです。甘いお菓子を食べながら、絵本を片手にハーブティーを飲む。そんな時間は、きっと、疲れて張り詰めた心を溶かすのに役立ってくれると思います。そんな時におすすめのハーブティー は、カモミールとマテににカルダモンを加えた、甘く少しスパイシーなハーブティー。きっとフルーティーな香りが癒しを運んでくれると思いますよ。

絵本が癒しの時間を運びますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です