Health

ウイルスという存在と人の関わり

ウイルスという言葉を聞かない日はないほど、現在世界ではウイルスが猛威を振るっています。そんなウイルスという言葉はよく聞いても、そのウイルスがどのようなものかを知る機会ってないですよね。

ウイルスと人の体

ウイルスと言っても様々な種類が存在し、それぞれ特徴を持っています。最近話題のコロナウイルスや、インフルエンザウイルス、風疹ウイルスに麻疹ウイルスなど、世界には多くのウイルス存在し、それら特定のウイルスが人の体に入って増殖する事によって病気を引き起こします。このように、人にとってウイルスが悪影響を及ぼした時だけ、ウイルスの存在を認識するために、ウイルスと聞くと『病原体』という悪いイメージだけを持ってしまいます。しかし、数多く存在するウイルスの中で全てが体に悪影響を及ぼすわけではありません。一部の研究分野や生物の進化において、このウイルスは私たちの役に立ってきた側面もあると考えられています。

そんな世界に存在するウイルスについて知る事が、健康な体を守る鍵になるかもしれません。

ウイルスの特徴

ウイルスは、生物と非生物の中間に位置するような存在です。他にも細菌や真菌など目には見えず、病原体となりうる小さな生物は存在しますが、ウイルスはこれらとは異なり細胞を持っていません。

実は、ほとんどのウイルスは他の生物の細胞がないと増殖することができないんです。外から入ってきたウイルスは、生物の細胞に入りこみ、自分の遺伝子を増やそうとします。一度細胞内に入ってしまったウイルスは、増殖を繰り返しどんどん増えて行きます。ウイルスは、その内部に独自の情報を持っているため、その情報が、他の生物に入り込むと遺伝子が変化することもあります。その変化は、いい場合と悪い場合がありますが、少なからずウイルスのそのような機能が生物の進化には役立っています。そのため、一概にウイルスを悪者にするのは間違っているかもしれません。

ウイルスとうまく共存する

とはいえ、病原体としてのウイルスが世界中に蔓延してしまったら、とても怖いですよね。そんな時、ウイルスから体を守る方法はいくつか存在します。多くの病原体となるウイルスは、ウイルスを保有している人のくしゃみや鼻水、体液などと接触しなければ、ある程度は体にウイルスが侵入する事を防ぐ事ができます。コロナウイルスも、これらの事を気を付けることによって、感染のリスクから身を守る事ができるんです。

そんな、特徴を持つウイルスから身を守るためには、手洗いやうがいを心がけ、外に外出した日は帰ってすぐにシャワーを浴びる事が重要です。さらに、ウイルスに接触したとしても、体力があり、免疫機能が万全であれば重症化を免れる事ができます。基礎疾患がある方は、接触を避ける事が一番重要ですが、まず体を冷やしたり、過度に体力を使わない事を心がけると、ウイルスから体を守りやすくなりますよ。

世界には様々なウイルスが存在するので、一概に一つの方法を勧めることはできませんが、多くのウイルスではこの事を心がけると感染リスクを低くする事ができるのでぜひ、手洗いとうがい、体を冷やさないことに注意してみてください。

体を暖かく保つハーブの時間

体力が落ちたり、体が冷えるなと思う時は、自律神経が乱れている可能性があります、そんな時は、暖かいティータイムで、乱れた体のリズムを整えてみてください。そんな時におすすめなのは、ジンジャーにエルダーフラワーを加えたバーブティーです。ここに、サフラワー を加えると、黄色の綺麗なハーブティーを楽しむ事ができます。もし、疲れが溜まっているようなら、ステビアを加えると甘いハーブティー になり飲みやすくなりますよ。

ウイルスに怯えない日々が訪れますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です