HealthHerbal Tea

涙を流す理由と癒しの時間

どうして人は涙を流すのでしょうか?目に異物が入った時の涙は生体反応として説明がつきます。しかし、寂しかったり、辛かったり楽しかったりした時も涙はどんな役割があって、涙を流すことで何が起こっているのでしょう。

涙とは

涙の成分はほとんどが水分で、その中に目に栄養を運んだり、異物を洗い流せるよう様々なタンパク質を含んでいます。さらに、涙は油の層で覆われており、涙としての形を保っています。

そんな涙は、外気にさらされている目を守るのに一役買っています。例えば、涙があることで、目を乾燥から守ることができますし、細菌の感染を防ぐこともできます。さらに、涙の成分が目に傷ができた時、その傷を治してくれたりもします。しかし、涙は目に何の異常がない状態でも、感情の変化によって溢れることがあります。そんな感情による涙にはどんな役割があるのでしょうか。

涙が流れる理由

感情の変化によって涙が流れる時、通常自分自身が外部から何かしらの刺激を受けていることが多いです。悲しいとき、辛い時、楽しい時、そんな状態は、自分由来のものではなく、良くも悪くも外から大きな攻撃を受けています。その攻撃に対して、自分の感情を制御する方法がわからない時、それは涙となって体外に溢れてきます。赤ちゃんが感情を表せずに、泣くことで何かを訴えることに涙は似ているかもしれません。そんな伝えられない思いがホルモンのバランスを変化させ、涙となって目から溢れるのではないでしょうか。

涙を流すことで気持ちが落ち着く

もし涙が溢れてくることがあったら、その時は涙をこらえるよりも感情に任せて泣いてみてください。きっと気持ちが楽になると思いますよ。人前で泣くのは恥ずかしいと思うかもしれません。

そんな時は、その場を離れてでも感情に従って泣くとストレスが溜まりにくくなります。きっと、その涙を超えていくと、前回と同じ状況になっても落ち着ける自分になると思います。

涙が出る時に飲みたいハーブティー

涙が出でしまうとき、あなたは癒しを求めているはずです。感情も安定しない、そんな時はレモンバーベナにカモミール、少量のレモンマートル を加えた、気持ちの落ち着くスッキリしたハーブティーを楽しんでみてはどうでしょう。

涙を流すことが人生の豊かさに繋がりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です