Herbal TeaTea Timeハーブ

読書の秋に飲みたいハーブティー

ふと秋に山の方を見ると、植物たちが紅葉して色とりどりの景色を楽しむ事ができます。そんな色とりどりの情景を見ていると文学に触れたいという意識が生まれてはきませんか?秋は読書や文学の秋とも言われ、私たちの感情を刺激する素敵な季節です。そんな秋は読書をしながらハーブティーを飲むとより良い時間を過ごす事ができますよ。

読書の秋

さて、ではどうして秋は読書や文化の秋と言われるようになったのでしょうか。秋は、その趣深い情景ももちろんですが、秋の夜長と言われるように夜の時間が長くなります。特に昔は、夜が長くなると昼間の仕事を長くする事ができないので、夜に光を灯し読書や趣味の時間を長く取るようになりました。そんなことから、現在では秋を読書や文学の季節というようになりました。

読書とティータイム

最近は読書をしたり、文学に触れる機会というのは昔に比べて少なくなってきたように思います。しかし、読書をすることは私たちの感情を安定させたり、人とのつながりを深める上でとても重要な習慣です。本の中には人の哲学や、思想など数多くの事が詰め込まれ、それを紐解いていく間に、自分自身の考えにも深みが出てきます。手に入れた情報をどのように使用するかは自分次第ですが、多くの言葉や感情を頭に組み込むことによって、その状況にあった選択を取る事が出来るようになります。

そんな、読書の時間をハーブティーを飲みながら取ることはリラックスしたり集中する上でとても役に立ちます。ハーブの香りや甘さを感じながら、文字を追う。同じ本を読むのでも、五感を刺激しながら文字を追うと、今までは気づかなかったことに気づく事が出来るようになると思いますよ。

読書の秋に飲みたいハーブティー

秋に読書をしながら飲みたいのは、秋の香り広がる甘みのあるハーブティーです。そんな時間を叶えてくれるのは、金木犀に茶葉を加えた特別なハーブティー。緑茶や烏龍茶との相性も素晴らしい金木犀が、文学をより素敵なものにしてくれると思いますよ。

秋に読む本が人生にい影響を与えますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です