Health

夏の暑さに負けない方法

梅雨も終わり本格的に夏らしさを感じるようになりました。急に暑くなり、環境が変化したことで体調を崩してしまってはいませんか?夏は、室内と室外の温度差が大きいことで自律神経が乱れやすくなる季節です。でも、夏こそ元気に楽しく過ごしたいですよね。

夏バテと夏風邪

夏は、その湿度や気温差によって体調を崩しやすくなります。特に梅雨明けのこの季節は、気温の変化と湿度に体が対応できず、倦怠感や食欲不振などの状態が現れてしまいます。そんな状態を夏バテといい、水分不足や体に疲れを感じる物質が溜まることで体が重くつらい状態に陥ります。さらに、自律神経が乱れると免疫力が下がり、夏のウィルスに感染して夏風邪という形で体に現れるんです。夏の初めに体調を崩さないために、この季節の体調管理はとても重要ですよ。

夏の不調対策

夏の不調を防ぐためには、水分補給と温度差に気をつける必要があります。特に乳酸が溜まると体は重くなってしまうので、乳酸の溜まりにくい状態を保つのが重要です。そんな時は、クエン酸などの酸味を取ると体が楽になることが多いですよ。さらに、エアコンの効いた部屋にずっといると体は気温差で体調を崩してしまいます。暑くても、汗を流すことを心がけてみてください。

夏の自律神経の乱れは、この暑さと湿度からくることが多いので、夏に慣れる体を作ると夏の風邪もひきにくくなりますよ。

夏にとりたいハーブティー

夏の水分補給は、酸味のあるものがおすすめです。クエン酸やリンゴ酸を含むハイビスカスとレモングラス、ローズヒップを加えたブレンドは夏の初めにぴったりです。さらに、ビタミンB1などを多く含んだ食品もこの季節にはおすすめですよ。

暑い夏を楽しく過ごせますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です