Nature

冬に見る花の効果

鮮やかな花を飾っていると、気持ちも晴れやかになり心をリフレッシュさせてくれます。でも冬はそんな花を見る機会は減ってしまいますよね

冬に見る花の効果

冬は暖かい色のものが自然と少なくなるので、気持ちが塞ぎがちです。そんな時、鮮やかな花の色は私たちに癒しや、ストレスの解消、活気などを与えてくれます。でも、冬には花を見る機会は減ってしまいますよね。そんな時、プリザーブドフラワーやドライハーブを飾って、部屋を明るくしてみてはいかがでしょう。花の色はより濃いほど、活気を与えてくれるので、より色の残りやすい花を選んでみるのがオススメです。

赤や、ピンクの花は意欲や向上心を与えてくれ、気持ちもリラックスさせてくれます。黄色もストレスを緩和させてくれるのでこんな時期にぴったりですよ。特に自分が可愛いと思う形や色の花を見つけるとそれだけで、気持ちが暖かくなります。

色のあるハーブティー

ハーブの中にも色を残した花がたくさんあります。赤いバラやハイビスカス、青いコーンフラワーに、黄色いカレンデュラ、ヒースはピンク色をしていてとても綺麗です。そんなハーブを飾っておくだけでも暖かい時間を演出できますよ。そんな中から、自分の好きなものを選んで、ハーブティーにすると心も体も温まる事ができます。

自分で作る色あざやかなハーブティーを楽しんでみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です