Nature

雨が育てる花と雨の日のハーブティー

雨の日が続くと、なんだか気持ちもどんよりして元気がなくなってきたりはしませんか?特に激しい雨の日は、話題も雨の情報ばかりで気持ちを楽しく転換する事が難しくなってしまいます。そんな時、ふと外に目を向けて緑や花が元気に茂っている姿を見ると、ふと優しい気持ちになる事があります。

雨が育てる花

植物を育てるという環境から離れてしまった今、雨は私たちにとって煩わしいものになってしまいました。しかし、本来植物が育つには雨の力が必要不可欠です。雨の後には植物は驚くほど大きくなり、緑に生い茂り、花を咲かせて綺麗な様子を見せてくれます。一度そんなことを考えてみると、今までより雨がとても大切な存在に感じてきます。特に、家で植物を育てていたり、野菜を作ってみると雨がとても大切な存在になります。

梅雨に咲く花

花によっては、雨の時期により素敵な様子を呈するものがあります。特に、雨の多い日本ではそんな植物がいくつかあります。特に有名な紫陽花は、雨の日の様子が美しく、花菖蒲も、雨や水の様子と相まって風情を感じさせてくれます。薔薇も雨の時期によく咲き、雨露の滴る様子は艶美で気分を高揚させてくれます。そんな雨と花の様子に目を向けると、きっと今までは感じなかった雨の日の素敵な部分に気づく事ができると思います。

雨の日とハーブティー

雨の日には、気分が上がるローズのハーブや色の美しい青や紫のハーブティーがおすすめです。そんな華やかな色を楽しみつつ、外を眺めていると、雨がより素敵なものになると思います。雨で外に出にくい日も、ぜひその雨の日の綺麗な部分に目を向けて、素敵な時間を過ごしてみてください。音と香りを楽しむだけで気持ちが落ち着いて、辛い気持ちから抜けです事ができると思います。

雨の日も楽しい気持ちになれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です