Health

体の芯からくる末端冷え性

寒い季節になると手足が凍るように冷たくなったり、ひどい場合は痛みもでるという方が増えてきます。冷えがひどくなると、あかぎれや、しもやけに悩まされ、夜の睡眠にも悪影響が出ることがあります。そんな末端冷え性は体の芯からくることが多いです。

末端冷え性

末端冷え性は、体温は低くないのに手足の先まで血流が届かず、冷えている状態を指す言葉です。手足を防寒しても冷えを改善できないことが多く、その冷えや痛みに苦しみます。血流が、手足の末端まで行かないので、指が乾燥したり、寝る前にうまく体温調節ができず、入眠しづらくなったりもします。そんな末端冷え性の改善には、体の中心を温めるのが効果的です。

末端冷え性対策

末端冷え性の原因にはストレスや、食生活、筋肉不足など様々な要因がありますが、寒い環境になると、人間は体の中心から温める傾向にあり、手足の血流を体の中心に集めます。そのため、手足は血流不足になり冷たくなります。この時、いくら手足を温めても体は芯を温めたいので、効果を見せません。もし、末端を温めたいときは、体の中心から温めるようにしてください。体を動かすのでもいいですし、筋肉をつけるのも効果的です。食事で体を温めるのもおすすめですよ。

体を芯から温めるハーブティー

ジンジャーやシナモン、マテはそんな時にぴったりのハーブです。ここにエルダーフラワーをプラスするとポカポカしてきますよ。ぜひ体を動かす前に飲んでみても、筋肉をつける手助けをしてくれます。

体の芯から温まって暖かい冬になりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です