暑い日に爽やかな香りを心地よく感じる理由

Health

暑い日に爽やかな香りを心地よく感じる理由

まだ6月なのに暑い日が増えてきましたね。そんな暑い日は爽やかな香りを心地よく感じませんか?たくさんの香りが存在する中で、どうして暑い日に爽やかな香りを心地よく感じるのでしょうか。

暑い日に体が重く感じる理由

急に気温が上がると、体が重くなり気分も重くなってきす。私たちは気温の変化に対応して、体を変化させています。暑くなると、エネルギーの消費が激しくなったり、血圧が変動して体が重く感じると言われています。特に、夏の初めや、急に暑くなった日は、体が気温の変化についていけないので体が重く感じてしまいます。そんな時、爽やかな香りが体の重さを改善する手助けをしてくれるかもしれません。

暑い日に爽やかな香りを心地よく感じる理由

1:爽やかな香りが持つリフレッシュ効果

まず、1つ目に暑い日は体が重く感じやすいため、リフレッシュ効果を持つ爽やかな香りがストレスを軽減してくれることも理由として挙げられます。一般的に、レモンやミントなどの爽やかな香りは、清涼感を与えるので、暑い日に体感温度を下げ、涼しい気持ちにしてくれます。

2:香りの持続性

高温多湿の場所では、香りが遠くまで広がり、香りが長く空気中に留まることが知られています。そのため、香りはが強く過剰に感じられるようになります。甘い香りや重い香りは寒い時期は温かみがあり良い香りなのですが、暑い季節は重く不快に感じられることがあります。

逆に爽やかな香りは、軽く、爽やかなイメージで空気中に漂っていても清涼感を運んでくれます。

爽やかな香りとハーブティー

爽やかな香りを嗅ぎたい時におすすめなのは、スペアミント、レモングラス、ペパーミントなどのハーブです。レモン系の香りやミントの爽やかな香りはそれだけで気持ちをリフレッシュさせてくれます。また、冷やしても美味しいので、暑い季節におすすめのハーブとなっています。

暑い日も爽やかな香りで乗り切ることができますように

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green