甘く爽やかな香りのカルダモンというスパイスについて

甘く爽やかな香りのカルダモンというスパイスについて

カルダモンという植物をご存知でしょうか。スパイスを日常的に使う人にとっては馴染み深い調味料ですが、あまり植物としては見慣れなないためその概要を知っている方はあまり多くないのではないかと思います。

魅力的なカルダモンの歴史

カルダモンはスパイスの女王とも表現される通り爽やかで甘みのある植物です。カレーやスイーツなど様々な料理にも利用される汎用性の高い植物でもあります。

カルダモンはインドやインドネシアなどが原産と言われるショウガ科のショウズクの実です。香りはその実の中に含まれる種子がもつ芳香成分に由来します。

カルダモンの歴史は古く、紀元前のインドではもう病気の治療や祈祷などに利用されてきたと言われています。

カルダモンはその後ヨーロッパにも持ち込まれ、時間をかけ民衆の間にも広まっていきました。カルダモンがメジャーになるとその柑橘のような甘い香りからパンやお菓子にも利用され現在では様々な用途に利用されています。

カルダモン(ショウズク)と漢方としての効能

カルダモンは生薬としても利用されています。生薬としては、収穫した果実を乾燥させて使用します。生薬名は小豆蒄(ショウズク)といい芳香性の健胃薬として胃腸薬に利用されます。

カルダモンとハーブティー

カルダモンはその香りから、他のハーブの甘みや味わいをよりまとめてさらに引き出してくれます。そのまま少し潰して飲んでも美味しいですが、いろいろなハーブとブレンドするのもおすすめです。マサラチャイなどを作る際には、カルダモン、クローブ、スターアニスなどを合わせるととても深い味わいの飲み物となります。

カルダモンが爽やかで甘い時間を運びますように

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です