psychology

悲しさから生まれる優しい気持ち

優しさに触れて心が暖かくなった経験はありませんか?実はそんな人の優しさと、悲しみはとても深い関係があるんです。では、優しい気持ちはどのようにして育っていくのでしょうか。

優しさが生まれる理由

もともと、人にはある程度の優しさは備わっています。しかし、人は経験と予測ができないと本当の優しさを手に入れることはできません。そして、そんな優しさを育ててくれるのが悲しみです。悲しみの中には明確な理由があるものや、理由もなく感じる悲しみもありますが、自分にとって辛い事が背景になっている事が多いです。そんな悲しみを経験すると、私たちは悲しさという経験から優しさの種を見つけます。その種をうまく育てると、相手の立場に立てる優しい気持ちを持つ事ができます。

悲しさと優しさ

この悲しさと優しさは、じつはとても絶妙なバランスで成り立っています。人にばかり優しくしていると、相手からの優しさを感じる事ができず、自分が壊れてしまいますし、相手からばかり優しくされていると、それが当たり前になって心をなくしてしまいます。本当は悲しいことなんかなければいいのかもしれませんが、ないと人は優しさを手に入れる事ができません。そんなことを思って悲しみを経験すると、より優しい自分になれると思います。優しさがうまく回る世の中になればいいなと思います。

悲しみから優しさを育てるハーブティー

悲しみから優しさを生むためには、気持ちが落ち着かないといけません。気持ちが昂ってしまうと、悲しみは怒りに変わってしまうので、気持ちを落ち着けるために、リラックスできる時間を取るのがおすすめです。そんな、気持ちを落ち着けたいときは、カモミールにラベンダー、ローズと少量のキンモクセイを加えた花が香るハーブティーを楽しんでみてはいかがでしょう。きっと、ハーブの香りが優しさを運んでくれると思います。

悲しみが優しさに変わりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です