psychology

緊張と緩和が心を癒す理由

緊張するよりリラックスした状態がずっと続いた事が体にいいと思ってはいませんか?実は、体が緩和した状態が続きすぎるより、適度な緊張があった方が気持ちが楽になる事があるんです。そんな緊張と緩和のうまい使い分けとはどのようなものでしょう。

緊張と緩和とは

さて、緊張している状態とはどのような状態でしょう。アドレナリンが出ていて、神経は交感神経という神経が有意な状態です。この状態はやる気を出そうとしている時にもなりますし、危機的状況が続く時にもなります。逆に緩和の状態は、気持ちに余裕があり、危険が周りにない時に生まれやすくなります。そんな緊張と緩和はうまいバランスをとっていくと気持ちを安定させる事につながります。

緊張と緩和の使い分け

物語やお話の中でも緊張状態が続きすぎたり、何も起こらない話というのは面白くはありません。これは、同じ状態が続きすぎることで、その状態に飽きてしまう事が原因です。体も同じように変化のない状態を繰り返すと、神経のバランスが崩れてしまいます。そんな時に、リラックスのなかに適度な緊張が加わると、リラックスしている事がより素晴らしい事に感じます。すると、自律神経がうまく機能するようになり体調を安定してくれます。一度このバランスを崩すと、緊張状態でも緩和状態でも気持ちが落ち着かなくなってしまいます。そうならない為にも、日々の生活な中に緊張と緩和を組み込んでみてください。

緊張と緩和の作り方

緊張状態が苦手な人や、緩和の状態が苦手な人も中にはいます。そんな時は、無理をしない程度にいつもと違う行動をするように心がけてみてください。外にいつも出たくなる人は、家の中でゆっくりする時間を日々の中に取り入れたり、家の中でゆっくりするのが好きな人は、少し外に出ていつもは行かない場所に出かけてみるのもいいと思います。外に出られない時も日々の生活を少し変えるだけで緊張と緩和を生む事ができるので、ぜひ生活の中に緊張と緩和を取り入れてみてくださいね。

緊張と緩和とハーブティー

やる気を出したいときのハーブティーと、リラックスしたいときのハーブティー を2つ用意して自分で緊張と緩和を作り出すのも、気持ちを落ち着ける時にはおすすめです。やる気を出したい時は、マテやローズマリーなど使い、リラックスする時にはカモミールや、レモンバーベナを使ってみてはいかがでしょう。

緊張と緩和が気持ちを落ち着ける手助けをしてくれますように

緊張と緩和が心を癒す理由” への2件のフィードバック

  1. いつもブログを読ませて頂き感動しています!

    今緊急事態の世の中で、
    様々の人がこの時期に、
    何を感じて、何を感じ取るかが重要な時だと感じます!
    緊張感がいつもより増している時だからこそ、ゆとり感や、自分の心にゆとりを持たせてあげることが、大切ですね!
    ハーブテイを飲むようになり、
    自分の時間を少しでも作り、
    緊張と緩和の時間を大切に心がけています!
    これからの時代
    ハーブテイの果たす役割は
    重要だと感じます!
    頑張って、みんなの心を
    癒してあげて行ってくださいね!
    応援しています!

    1. トミーさん

      いつも、コメントありがとうございます。
      制限が増える中で、緊張と緩和のバランスは、
      自分を守る為にとても大切ですよね。
      こんな時だからこそ、
      みんなで乗り越えていきたいですね。
      応援励みになります。ありがとうございます。
      楽しい日々が訪れますように。

      Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です