precious time

優美な花と色褪せない記憶

生け花として切り取った花がずっと綺麗に色褪せなかったら素敵だと思いませんか?ただ実際は、花や植物は時間の経過とともに色が変色してしまったり、形も変わってしまいます。そんな植物の儚さも含め、私たちは花に趣を感じます。そんな花の綺麗な時間を少しでも長く演出し、優美な時間を記憶の中に止めることができたら嬉しいですよね。

優美な花の保ち方

生け花用の花を長く綺麗に保つには、飾る前に一手間加える事が重要です。例えば、買ってきたばかりの花は、まず先端を少し水洗いして、茎の先端を少し切るようにしてみてください。水洗いで、花に付着していた不純物を洗い流し、茎を切る事で水切りをしやすくします。これだけでも十分花のもちは、長くなりますが、さらに毎日水を変えるとさらに花は長く綺麗に保つ事ができます。

優美な花と空間を演出する方法

自分の頭の中に、色褪せない時間を保存するには空間をより印象的にデザインする必要があります。せっかく綺麗に飾ってある花も、そのままでは記憶に長く残ることはありません。使う花瓶、照明の当たり具合、花の飾り方を自分で考え、空間を作る。そうすると、あなたの作った空間は長く色褪せない記憶になります。さらに、その空間で、心に残る出来事が起こると、さらに記憶は素敵なものになります。優美な花は、そんなドラマチックな時間を演出するとても素敵なものです。

色褪せない時間とハーブティー

そんな綺麗な空間で飲みたいのは、いつもと違う特別なハーブティー。その花の種類や、部屋の雰囲気に合わせて味や香りを変えるといいですが、素敵な空間には色がはっきりしていて香りがいいものがおすすめです。可愛らしい雰囲気の時は、ハイビスカスやローズ、キリッと大人っぽい雰囲気の時は、ペパーミントやジュニパーベリー、ゆったりと落ち着いた時は、キンモクセイやカモミールがおすすめです。

優美な花で演出する時間が色褪せない記憶になりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です