梅雨に現れる体の不調とハーブティー

Health

梅雨に入ると湿気が多く晴れる日も少なくなるので、なんだか気持ちも落ち込みがちですよね。湿気の多い日本では、雨の多い季節になると体調を崩す人が多くなります。こんな季節を、健康に乗り越えられたら嬉しいとは思いませんか?

梅雨に不調が出る原因

梅雨は、頭痛や倦怠感、痛みや風邪など体の不調が現れやすくなります。イライラなどの精神面の不調も合わさりより辛いと感じてしまう方が多いのではないでしょうか。

その原因は、梅雨の湿度や、上がり始める気温によって自律神経が影響を受けるためと考えられる事が多いです。また気圧の変化が体液に変化を与えるのではないかとも言われ、気象病のような症状も最近はよく耳にするようになりました。

特に、この季節の日本は、湿度が高く汗が蒸発しにくいため、体の水分の流れが悪くなることも原因ではないかと言われています。

地域による雨の違い

日本の文化では、雨の季節はどんよりとして、気分が下がりがちと言われますが、海外に行くと雨を心待ちにしている地域もあります。日本人は、雨に濡れるのを嫌がって傘を持ち歩きますが、海外では雨に濡れる事が楽しく傘を持ち歩かない文化圏の人もいます。それは、日本の湿度や気候にも関係しているかもしれませんが、雨を楽しもうとしていない日本人の気質も関係しているのではないでしょうか。

梅雨の不調の防ぎ方

梅雨の不調には、気圧の変化や自律神経が関係しています。湿気の多い季節は、汗をかいているのに水分を取らないことで、脱水になっている場合があります。その水分不足が、倦怠感や頭痛の原因となっていることもあるので、水分を取る事が重要です。そして、雨に対するストレスで自律神経が乱れることもあるので、雨を楽しんでみてください。きっと気づいていない雨の日の魅力がたくさんあると思います。

梅雨の季節のハーブティー

そんな梅雨の時期は、水分補給も出来て気持ちがリラックスするハーブティーがおすすめです。レモンバーベナやハイビスカス、ローズヒップを加えたブレンドにエルダーフラワーをプラスした、酸味のあるブレンドを試してみてはいかがでしょうか。きっとこの季節を乗り切る手助けをしてくれると思いますよ。

梅雨の日常が明るくなりますように
タイトルとURLをコピーしました