雨の日の耳鳴りと気象病

雨の日の耳鳴りと気象病

天気が悪い日になると耳鳴りがしたり、頭が痛いといった症状に悩まされる事はありませんか?天候によって、体調が悪くなってしまう事を気象病と呼ぶ事があります。そんな雨の日の不調はどんな事が原因なのでしょうか。

雨の日の耳鳴りと気象病

雨の日に耳に違和感が現れる事が多いのは、気圧の変化によるところが多いと言われています。そんな気圧の変化による不調を気象病と呼ぶ事があります。低気圧になると、雲が形成されやすくなり、その結果雨として降るので、低気圧だと雨が降る事が必然と多くなります。

飛行機や山に登った時の体の変化を考えるとイメージしやすいですが、高度の高い状態では、気圧は低くなり、体に負担がかかる為、耳などの気体などと密接に関わる器官に影響が現れます。そんな気圧の変化が自律神経にも影響するので、さらに耳鳴りや他の不調が現れやすくなります。

気圧の変化とストレス

雨の日に体調が崩れるのは、天候によるストレスも大きく関わっています。このストレスが、自律神経に影響を与え、体内の器官や血管が変化してしまう為に、不調として現れると考えるのが一般的です。そんなストレスによって、耳も影響を受け、耳鳴りがひどくなってしまったり、神経が過敏になる事で、耳に神経が集中し、耳の音が大きく聞こえるという事も起こります。

雨の日に耳鳴りを予防する

雨の日に耳鳴りが起こるのは、体の変化が大きく関係しています。そのため、雨の多い時期は、この変化をいかにして少なくし、気持ちを安定させる事ができるかが鍵になってきます。まず、寒かったり、暑かったりする場合は、この気温の変化に対応できる格好をしたり、ストレスのたまらない生活を心がけるべきです。耳鳴りの前兆が現れても、気持ちを楽にしている事で、その苦しみから開放される事がありますよ。

もし、近くに精油やハーブティーがあれば香りで、癒されるのもおすすめです。

耳鳴りやストレスの堪らない季節になりますように

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。