秋の花粉とハーブティー

秋の花粉症で咳が出やすい理由と季節のハーブティー

春になると、杉やヒノキ、黄砂などのアレルギー症状に苦しむ方は多いのではないでしょうか。しかし、花粉症は春のものだけではありません。秋になると季節の変わり目の体調の変化と重なって秋の花粉症が現れやすい季節になります。では、秋の花粉症はどのような特徴があるのでしょうか。

秋の花粉症

秋の花粉症は、季節の変わり目と重なることもあって、風邪や体調不良と混同されがちです。急激な気温の変化は体調を崩し、風邪をひく原因にもなりますが、体力が落ちアレルギー症状に敏感にもなります。ぜひ、花粉症の季節がくる前に体調を整え秋に備えましょう。

秋の花粉症の原因となるのは比較的粒子の細かい花粉です。この花粉は、気管支に入って喘息のような症状を引き起こす事が知られています。毎年秋になると咳が出たり、苦しくなるという方は、この秋の花粉症を疑ってみるといいかもしれません。

秋の花粉の原因となる植物

主に秋に飛散する花粉は、イネ科の植物、ヨモギやブタクサなどのキク科の植物です。春に飛ぶ、杉やヒノキとは違って雑草が多いため遠くまで飛散することは少ないですが、植物が群生している場所付近は注意が必要です。さらに、ブタクサやイネにアレルギーを持っていると他の食物に反応してしまう交差反応が起こりやすくもなりますので、野菜や果物を食べて、口が痒くなるなら注意が必要です。

花粉の時期にハーブティー

花粉症の時期には、ぜひブルーマロウや、エルダーフラワー、ペパーミントにネトルなどを試してみてください。イガイガを感じるときにはブルーマロウがおすすめですよ。花の香りと青い色のハーブが体を癒してくれると思います。ペパーミントも鼻に清涼感を与えてくれ、ネトルやエルダーフラワーもこの時期にはもってこいです。

花粉がひどくなる前にハーブティーでカラダとココロを癒してください。暖かいハーブが体を守ってくれますよ。

Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です