辛い時ほどカラフルに

辛い時にカラフルな色を見る事で得られる効果

苦しくなると、どうしても世界が暗く短調になりがちではないですか?そんな時、色というのは気持ちを変化させるのにとても役立ちます。特に原色に近い色やその組み合わせは、辛い状況から抜け出すきっかけをくれるかもしれません。

カラフルを好む時

あなたの好きな色は何色ですか?人は、それぞれ好きな色が異なります。さらに言えば、その時の感情や思い、それまでの経験などから好きな色というのは変化する事があります。そんな中で、どうしようもなく、カラフルな原色に心惹かれてしまう事はありませんか。カラフルな色には、様々な色が混ざり合っていて、見ていると様々な感情が湧いてきます。また、一つの集合体として見ると、虹色といった幸福やエネルギーを内在するような色になるので、元気を出したり、前向きになりたい時にはカラフルな色はとても役立ちます。

辛い時にカラフルな色を見る事で得られる効果

色にはそれぞれ様々な効果があります。それは、色の刺激が神経系やホルモンなどに影響を与える事が理由になっていますが、赤やオレンジは、交感神経を活発にすると言われ、青などの色は副交感神経に影響し、気分を落ち着かせると言われています。そんなどちらの色も併せ持ったカラフルな色には、乱れてしまった神経をうまくまとめてくれるようなポジティブな効果があります。中でも、自分が一番心地よいカラフルさを取り入れることで、心が安定する事がありますよ。

カラフルな時間とティータイム

気分が上がらない時、カラフルな空間に身を置くととても心地よい事があります。部屋の一部の色をカラフルにしてみたり、着る洋服、装飾、飾りなど様々な身の回りにカラフルを置く事で、気分を変える事ができます。ティータイムも、カラフルなものを揃え、気分の上がる時間を過ごすと、辛かった気持ちが軽くなると思います。

カラフルが気持ちを楽にて元気を取り戻せますように

カラフルなハーブティーで素敵な時間を

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です