Tea

春の始まりに飲みたいハーブティー

春の始まりは、少しずつ暖かくなって気持ち高まる反面、その気温や気候の変化から体調を崩し易くなる事があります。そんな春の始まりに起こる体調の変化の原因は一体どこからくるのでしょうか。

春の始まりに不調が現れやすい原因

春の始まりは、気圧の変化や寒暖差から体が気候に合わせようと自律神経を普段と違う働きをさせようとします。少しずつこの変化に慣れていければいいですが、自然と相反する生活をしている私たちは、なかなかこの変化に対応することができません。そうなると、大きく変化する気圧の変化や、温度差に体がうまく順応できず、春特有のだるさや疲れを感じてしまいます。

そうならない為に、私たちは春の始まりにはできる限り春に慣れる準備をしなくてはいけません。

春の始まりにできること

春の始まりは、寒さと暖かさが交互にくるため、自律神経がうまく順応できない事があります。そこに、花粉などのアレルギー物質が入ってくると、瞬く間に体は免疫機能を崩し、花粉症の症状に悩まされてしまいます。そうならない為に、なるべく自然な気温とこの季節の時間に慣れていく必要があります。まず、季節の変わり目や、花粉が飛び始める季節になったら、無理をせず体を休めながら季節に順応してみてください。体は、この季節に負担を感じやすいので、この負担を軽減できるように休息を長めにとり、朝の不調を減らしていく事が効果的です。

もし、春になって体がだるいと感じている人は、まず自分が春に慣れるような生活リズムを整えるのがおすすめです。うまくこの春の初めを乗り切る事ができたら、きっと安定した楽しい春を過ごせるようになると思います。

春の始まりに飲みたいハーブティー

春の初めは、自律神経が崩れ易く体調も不安定になりやすいので、気持ちを安定させ温度差に対する耐性をつける必要があります。そんな時は、甘い香りのオレンジピール、スペアミントにシベリアンジンセンとレモングラス、エルダーフラワーを加えたハーブティー で気持ち落ち着く時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

早く気持ちの良い春を感じる事ができますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です