psychology

最後まで気を抜かずに過ごすこと

すごく頑張ってきたはずなのに、最後の最後で気を抜いて全てが台無しになってしまった経験はありませんか?物事によっては、過程がすごく大切なこともありますが、多くの事はその締め括りが重要になります。その締め括りをしっかりと終わらせる事によって、自分自身の生活は安定したものになります。

気を抜いてしまう心理

気を抜いてしまう時というのは、少なからず油断が隠れています。これくらい大丈夫だろうと、自分本来の力を最大限使わない。そうなってしまう事で、大きな事故や自分に災難が降りかかってしまうことも少なくありません。

そんな時にハインリッヒの法則というものを考えると、気を抜いている自分に気づく事ができます。ハインリッヒの法則とは、1件の極めて大きな事故の裏には、29件の軽微な事故、その背景には300件もの小さなミスがあるというものです。このことを考えると、大きなミスや過ちを犯してしまう背景には日々の小さなミスが無数にある事になります。

これは、どんな事にも繋がってきますが、もし小さなミスがあったら、その時にそのミスに対する対処を考えてみてください。そうする事で、気を抜いている自分に気づく事ができ、大きな失敗をしなくて済む様になりますよ。

気を抜かなくても負担にならない方法

しかし、私たちはいつも全力で物事を行なっているとその事に疲れてしまいます。そんな疲れが、体に疲労を蓄積して全力で物事を遂行できなくなったら、いくら気を抜いていなくても意味がありません。そんな時は、全力で行わなくても失敗が起こらない状態を作っておくのが効果的です。それは、全てを行う上で60パーセントの力で行って失敗が起こらない様にしておく事です。これができないという事は、工程に何かしらの問題があるはずなので、そこから見直してみるといいかもしれません。

物事は、多くの場合最後に困難が集中しやすいので、ゴールを最後に設定するのではなく、その遠く先に設定し続けると気持ちを楽に保ちやすいですよ。

気を抜かずに過ごす日々

世間では感染症や災害など多くの事が起こり、安心できない日々が続いています。緊張が続いている場合はいいですが、この緊張が緩んでしまった時に、大きな事故が降りかかり易くなります。そうならない為にも、日々の生活の中に自分を守る習慣を身につけ、負担にならない程度に過ごせる様に緊張が続いている間に行なってみてください。きっと、それが後から自分を助けてくれると思います。

特に、ウイルスや細菌から身を守る為には、日々免疫力が下がらない様に体調を保っておく必要があります。エキナセアやエルフダーフラワーなどのハーブティーで健康的な体を維持してみてはいかがでしょう。

毎日が安心して過ごせますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です