胃腸に負担をかけない事で生まれる疲れにくい生活

胃腸に負担をかけることで疲れやすくなる理由

睡眠時間が確保出来ているのに、体のだるさが取れないと感じている方はいませんか?そんな時は、もしかしたら食べ過ぎや不規則な食習慣で、胃腸が疲れているかもしれません。

取れない疲れと食習慣

仕事や日々の生活で疲れた時に、美味しい食事をたくさん食べたいと思ってしまうことってありませんか。体を動かしていないのに脳が疲れてしまっていたり、ストレスを感じるとエネルギーを欲して過食気味になることがあります。そんな食生活が続いたり、夜遅くに食事をとる習慣が続くと、胃腸も休むことができず、寝ている間にも体が疲れてしまいます。そんな日々は、疲れの取れない体につながります。

食事の質と胃腸に優しい生活

体が疲れているから、栄養が足りないと思ってたくさん食べてしまうことってありませんか。でも、そんな時に選ぶ食事を間違ったり、食べ過ぎてしまうと、より体を疲弊させてしまうことがあります。例えば油や、お肉、甘いものや辛いものは消化が悪かったり、体を疲れさせる物質を吸収することで体のだるさに繋がることがあります。そんな時には、胃腸に優しい食事を取るのがおすすめですよ。野菜や、ヨーグルト、梅干しやフルーツなどで食事を整えると疲れが取れることがあります。疲れが溜まっている時は、おかゆなど消化の優しいものを取るのも良いです。食べる時間にも気をつけてみてください。きっと規則正しい生活と食習慣が疲れを癒してくれるはずです。

胃の不調とハーブティーのある生活

そんな胃の不調をそのままにしておくと、みぞおちの痛みや胃のもたれ、灼熱感を感じたり、ストレスがさらに増えてしまうことがあります。そんな不調が長引く前に、胃腸に優しい生活に切り替えてみてください。きっと疲れも楽になって、いい生活が送れると思います。

そんな時には、ゆったりとしたハーブティーの時間もおすすめです。香りが豊かでスッキリとしたレモングラスや、甘い香りのカモミール、フェンネルにダンデリオンなどを加えたハーブは、そんな時間にぴったりです。

食生活が疲れた体を癒すサポートをしてくれますように

薬剤師が作るハーブティー専門店 Jasper Green

胃腸に負担をかけない事で生まれる疲れにくい生活” への2件のフィードバック

  1. まさしく、以前の私は胃腸に負担をかけすぎていました。
    3食食べないとダメだと思い込み、お腹空いてなくても食べていたし…夜遅くに食べていました
    朝起きてもスッキリしない日が多くて、なかなか原因が解らずにいました。
    今は、腸活を意識して、今は夜遅くなるべく食べないように心がけています。
    ヨーグルトや、乳製品や、野菜は以前から摂取していましたが、やはり色々食べすぎていた気がします。
    胃腸に優しい生活をすることで、
    ストレスも軽減され、体の怠さが抜けていっている気がします。
    家でゆっくり出来る日は、なるべくハーブテイをゆったりと頂いています。

    1. トミーさん
      コメントをいつもありがとうございます。
      めまいや、ふらつき、体のだるさなどは思いがけないところに原因があることがあります。
      食事の質を変える事で体調が整うことって多いですよね。
      胃腸が整うとこの季節も乗り切りやすくなると思います。
      ハーブが体に優しい時間を運んでくれますように。
      Jasper Green

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。