静寂が美しい理由とティータイム

静かで趣深い場所に行った時、その静かな場所がとても美しく見えませんか?では、どうして人はそんな静かな場所を美しく思うのでしょうか。

静寂とは

静寂とは、静かでひっそりしていてどことなくもの寂しい様子を表します。そんな静けさには、私たちの心を癒してくれる何か特別なものがあります。

静寂を美しく感じる理由

私たちは、普段静かな場所に行く機会はとても少なくなっています。少し外に出れば、人がいて、自然が作り出したものではない音が溢れています。そんな、人や音の混み合った空間の中では、静けさを得る事というのはとても難しくなってきてしまいます。そんな静けさの中には、私たちが普段忘れてしまっている何かがあり、その不足しているものを美しいと感じる事が多いはずです。

静寂と侘寂

日本では、侘寂(わびさび)といった、不足しているものや、閑寂のなかに美しさを見出す文化があり、静かでもの寂しい様子に心を惹かれる事があります。静けさの中には、私たちが普段作り出さない、自然の音や、光、時の流れが存在し、その空間に身を任せているだけで、尖って緊張していた気持ちが緩やかになる事があります。そんな緊張を解く事が、私たちの心の張り詰めた部分を紐解き、心を癒してくれます。静寂の中には、そんな効果もあり、より静寂の美しさを際立たせるのかもしれません。

静寂とハーブティー

静寂な空間で入れるハーブティーは、その香り、音、色などどれもが最大限に発揮されます。特にその時の自分に合ったハーブを選び、空間に合ったティータイムを構成する事で、きっと豊かな時間を過ごす事ができるはずです。静かな時間には、レモンバーベナやパッションフラワーなどのハーブがオススメです。そんなハーブと静寂が緊張を解いて、疲れた心を癒してくれますよ。

ハーブが素敵な時間を運びます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です