Art

インテリアとしてのハーブティー

家のインテリアを素敵に飾ることができたら、それだけで気分が高まりますよね。家具や壁紙、カーテンなどは素敵に揃えたのに、なんだか少し物足りない。そんな時ハーブティーをインテリアの一部に組み込んでみてはいかがでしょう。

アートに作るおしゃれ空間

部屋のインテリアをおしゃれにしたい時、その場所にアートを取り入れる事はとても有効です。特に、単色で落ち着いた空間であれば、ガラス細工の小物や絵をおくだけで様子を変える事ができます。選ぶアート作品は自分の感性にしたがってみましょう。そうすると自ずと統一感が生まれてきますよ。そんなアートを取り入れた空間には、ドライのハーブがとても良く合います。おしゃれな密閉できる瓶をいくつか用意して、自分が飲んでみたいハーブや素敵に見えるハーブティーを瓶の中に閉じ込めてみましょう。色鮮やかなハーブがその空間をより素敵なものにしてくれると思います。

空間をデザインするハーブ

選ぶハーブの種類によって、空間のイメージは大きく異なります。白を基調とした部屋であれば比較的どんなハーブを置いても素敵に飾る事ができます。例えば、ペパーミントやベルベーヌなどの緑を基調としたハーブやエルダーフラワー、キンモクセイなどの黄色いハーブを置いてもとても綺麗に飾る事ができます。色を入れたい時は、カレンデュラの花などもおすすめですよ。

逆に黒をベースとした場所には、ローズの花やハイビスカスがとてもよく合います。さらに黄色のカレンデュラと並べて色の対比を楽しむのもおすすめです。

薄い色の部屋であれば、ブルーのバタフライピーやマローブルー。コーンフラワーもおすすめですよ。特に花びらや花を使ったハーブは瓶に入れるだけで、その空間を明るくしてくれます。

インテリアとハーブティー

いくつかの花を組み合わせて飾れるブレンドハーブを作っておくのもおしゃれですが、シングルハーブをたくさん瓶に詰め込んで、その時の気分にあったハーブティーを作れるようにしておくと日常が素敵に変化します。

もし、自分でオリジナルブレンドを作りたくなったら、味のベースとなるハーブを一種類選び、その後にかおりの良いハーブを加えていくのがおすすめです。

ハーブが素敵な空間を作ってくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です