Tea Time

口が広く底が浅いティーカップを選ぶ理由

ティーカップを選ぶ時、どんなことを考えてティーカップを選びますか?実は、ハーブティーや紅茶の味って、選ぶティーカップによってまったく味わいの異なるものになるんです。色やデザインも、雰囲気を変えてくれるのでとても大切な要素ですが、その形でカップを選ぶとハーブの時間が素敵なものになりますよ。

口が広く底が浅いティーカップ

紅茶やハーブティーの器のルーツは、アジアや中国などで使われていた茶器に由来しています。昔の茶器は、中国茶を飲む時のような小ぶりの取っ手のないものでした。そんな茶器がヨーロッパに伝わり、少しづつ変化を遂げて現在のような形になっていったんです。そんな中、『口が広く底が浅いティーカップ』が紅茶などを飲む時の定番となりました。その理由は、ティーの香りをより広げ、色を綺麗に見せるためだと言われています。

口の広く底が浅いティーカップとハーブティー

そんなティーカップと、ハーブティーの組み合わせもすごく相性がいいです。ハーブティーには、香りがとてもよく色が綺麗なものが多くあります。そんな香りや、色を最大限楽しむためにティーカップの形がこの形だと思います。特に光とのコントラストを考えた時に、白い器とハーブの色が反射してなんとも幻想的な色を楽しむ事ができます。そんな光と陰を含めたティータイムは、私たちに味覚以外の五感を刺激してくれ、より味も美味しく感じる事ができます。ぜひ、色々なティーカップの中に口が広く底の浅いティーカップを加えてみては今がでしょう。

口の広く底が浅いティーカップを楽しむためのハーブ

特にこのティーカップと合うのは、香りが良く色が綺麗なハーブです。例えば、ペパーミントやローズとハイビスカス、ラベンダーなどの香りと色を楽しみたい時、ティーカップの形が甘さと香りを私たちに届けてくれます。茶器自体が薄いものを選ぶとより口当たりがまろやかになり、ハーブティーがすっと口の中に広がります。そんなティータイムは至福のひととき、ぜひ贅沢なティータイムを楽しんでみてください。

ティーカップが優しい香りを運んでくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です