自分らしさを取り戻す時に利用したいバラの香り

バラがいい香りなのを知っていても、なかなかその香りを嗅ぐ事って少なくありませんか?バラの香りには様々な効果があり、気持ちを変化させるのにとても役立ちます。もし、気分が落ち込んだり、自分を見失ってしまうような状況に陥っていたらバラの香りを利用してみてはいかがでしょう。

バラの香りの効果

アロマテラピーにもバラを利用する事が多くあります。精油として利用する場合、ダマスクローズを水蒸気蒸留法で抽出したものをローズオットーと呼びます。一方で、有機溶媒抽出で作ったものをローズやローズアブソリュートとして利用する事があります。ローズオットーのほうが希少な為、市場の価格は高くなります。ローズアブソリュートは濃厚な香りで、香りが持続しやすいので、用途に合わせて利用するのがおすすめです。どちらも、主な作用は鎮静や抗うつ、多幸感、収斂に殺菌と言われています。また、女性の気持ちを高めたり、自信を後押しするなどの作用もある為、気持ちが沈んでいる時にはおすすめの香りになります。

自分らしさとバラの香り

辛い事が続くと、どんどん自分らしさを失って、気分が沈んでしまう事があります。そんな時、とても重要なのは、自信を取り戻す事です。自信がなくなると、劣等感や不安から、どんどん本来の自分を心のうちに隠そうとしてしまいます。そんな事が続くと、本当の自分を忘れてしまい、どこに進んだらいいかわからなくなってしまいます。そんな時、バラの香りは気分を高め、自分自身を思い出す手助けをしてくれるはずです。

バラの香りを嗅ぐ時間

バラの香りを嗅ぐのには様々な方法があります。バラの精油を使えば強いバラの香りを楽しむことができます。もし、バラが咲いている季節なら近くに寄ってバラの花を摘みながら香りを楽しむのもとても贅沢です。また、ローズの花弁や花弁を使ったハーブティーも手軽にバラの香りを楽しむ事ができます。そんなバラの香りが嬉しいローズティーを香りを嗅ぎながら、ゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょう。きっと、自信を無くしていたら取り戻すきっかけになってくれると思いますよ。

バラの色も香りも楽しめる時間が増えますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です