夏の水分不足と腰痛の関係

夏や夏の初めに腰が痛くなった経験はありませんか?その日に、運動をしたり、少し無理な体勢で動いた意識があると、ぎっくり腰などの急性腰痛であると思ってしまう事が多いかもしれませんが、もしかかしたら、その腰痛は、暑さによる水分不足が原因かもしれません。

水分不足と腰痛の関係

水分が体内から流出しやすい夏は、体が脱水状態に陥る事が多くなります。脱水状態になると、体内の血液量も減り、腎臓にたどり着く水分も減り易くなります。そんな時に、水分補給だと言って、大量の水分をとると、腎臓に大きな負担がかかります。腎臓は、腰付近に存在する臓器なので、そんな負担がかかると、痛みとして、腰に現れる事があります。これが。脱水により腰が痛くなる原因です。もし、痛みが持続したり、体勢を変化しなくても痛みが続く場合は、医療機関への相談も考慮するといいと思います。

夏の水分補給の仕方

夏は、水分が急激に体内からなくなります。なくなってから、水分を補給すると大量の水分が腎臓に流れるので、負担が増えてしまいます。そうならない為にもこまめな水分補給を心がけると、負担が少なくなりますよ。さらに、慢性的な水分不足は、腎臓に負担をかけてしまいます。特に運動を多くする方は、こまめに水分をとる様にしましょう。

腰痛と水分

腎臓と脱水の関係を多くしましたが、実際に腰痛の多くは、急性腰痛症(ぎっくり腰)などが原因の場合が多くなります。これは無理な体勢で動いたり、急な運動が筋肉に負担をかけてしまう事で起こります。この様な時にも、水分をこまめにとる事が、筋肉への負担を減らし、痛みを早く和らげてくれるので、こまめな水分摂取はとても重要です。

水分摂取とハーブティー

夏の水分摂取は、冷たすぎすものを急に取るよりも適度な温度の飲み物をゆっくり取る事が重要です。そんな時にハーブティーはとても役に立ちます。ルイボスやミントのハーブティーを適度な温度に冷やして飲む事で、水分摂取がし易くなると思います。夏の暑い時期にも、落ち着いたハーブの時間は体を守るとても重要な時間になるはずです。

腰の痛みが水分補給で予防できます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です