夏に体が冷える原因とその対処

年中冷え性に苦しんでいるという方はいませんか?外気が寒い冬ならそんな冷えも納得できますが、夏まで冷えに苦しんでしまうのはとても辛いですよね。特に、女性は冷えに苦しむ事が多く、冷え性を改善できたら嬉しいと思う方が多いのではないかと思います。

冷え性とは

気温が特別低いわけでもないのに、手足が冷たかったり、厚着をしていても体が冷えてしまうなど、多くの人が感じない程度で冷えを感じてしまう状態を冷え性と呼んでいます。普段我々は、寒さを感じると、自律神経を介して体で熱を産生したり、熱を外に逃さないように皮膚表面の毛細血管を縮めたりして寒いと感じる状態から身を守っています。しかし、このような機能がうまくいかないようになると、体は異常な寒さを感じるようになってしまうんです。

冷え性になる原因

冷え性になってしまうのには、いくつかの原因があります。一つの原因は筋肉量で、筋肉が減ることで、熱が産生されにくい体になってしまいます。女性は特に筋肉量が減りやすいので、昔より筋肉が減ってきたと感じている方は運動やストレッチなどを心がけてみてください。

またホルモンバランスも冷え性には大きく関係しています。何らかの原因でホルモンバランスが崩れると、自律神経がうまく働かず体の調節機能が乱れてしまう事があります。また、ストレスや不安などから、自律神経が乱れ、熱をうまく利用できなくなる事で、冷えを感じる人も多くなってきています。さらに、現代社会は、冷暖房の完備により、気温が一定になりやすく、生体調節機能のバランスが崩れやすくなることも原因の一つだと言われています。

近年増えている夏の冷え

夏の冷えは、冷房の効いた部屋に多くいる事や、冷たい飲み物に起因している事があります。また、普段であれば、それくらいの温度調整はできるはずなのに、ストレスなどから自律神経が乱れていると、寒くもないはずなのに寒気を覚えたり、辛い状態になる事があります。そうならないためには、普段から暑さに慣れた生活を心がけ、夏なのに冷えた日は、どこかで体を温めて血行を良くする必要があります。もし、ストレスが溜まっているなら、それをどうにか排除する事が体調を安定させる第一歩になるかもしれません。

夏の冷えとハーブティー

夏は、どうしても冷たい飲み物を飲みがちですが、朝か夜のゆったりできる時間で暖かいハーブティーを飲むのがおすすめです。ローズマリーやジンジャー、ハイビスカスに、ローズヒップなどを加え、少し蜂蜜などで甘みを加えてハーブティーを楽しむ事で、冷えた体を元に戻す手助けをしてくれるはずです。

夏に冷えない体が作れますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です