心を安定させるセロトニンと青空の色を眺める効果

セロトニンという言葉を聞いた事がありますか?セロトニンとは、ストレスと深い関わりのある生体内物質で、私たちの安心感や脳の働きを助けてくれるなど、心の安定にとても重要な役割を担っています。そんな、セロトニンの分泌には日光を浴びる事と青い色との間に関係があると言われています。

セロトニンとは

セロトニンは人の心の安定にとても重要な役割を担っている物質です。視床下部や、大脳基底核などに分布している事が多く、他の感情などを司る、ノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達質物質を制御する事で、安定した気落ちを作り出すといった性質をもっています。強い不安や感情の急激な変化によって、このセロトニンの分泌に支障をきたすと、攻撃性や、不安感などを制御できなくなり、心を壊してしまう事になります。もし、そんな状態になったら、元に戻らないという不安を無くして、このセロトニンの分泌を元に戻せるような生活を心がけてみましょう。

セロトニンと青空

セロトニンの分泌には日光が関わっています。セロトニンの分泌を促そうと思えば、朝の日の光を15分程度浴びるのがいいとされています。しかし、毎日が天気ではない梅雨の時期や日照時間が減ってしまう冬には、日の光を浴びれない事が増えてしまいますよね。そんな時は、青空の色に似た青色を眺めるのがおすすめです。もし、時間があれば、青い空を長めに芝生のある場所に行き、ゆったりしながら空を眺めるのはとても効果的ですが、そんな事ができない時は、身の回りに、自分を魅了してくれるような青い空の色を見つける事で、セロトニンが分泌しやすくなるはずです。

セロトニンを増やす生活

食事もセロトニンの分泌を促すのに重要です。それはセロトニンの原料がトリプトファンというアミノ酸が原料となっている為です。このトリプトファンは人間の体内で生成されない為、必須アミノ酸と呼ばれています。このトリプトファンは、牛乳やチーズなどの乳製品、大豆や納豆などの大豆製品、バナナやマグロなどに含まれています。もし、このような食事をとる機会が減っていたら、ビタミンやミネラルと合わせてこれらの食品を取るようにしてみてください。

セロトニンとブルースカイハーブティー

青い空を見る機会が減ってしまう季節、そんな時はハーブティーの青が気持ちを安定させるのに役立ってくれるかもしれません。バタフライピーの青色は綺麗に抽出させれば、青空をみているかのような透き通った青い色の時間を演出してくれます。そこにミントやレモングラスを加えすっきりとした味わいに仕上げれば、きっと気持ちもすっきりすると思います。

青い空の色が気持ちを安定させてくれますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です