夏の脱水と体調不良

夏に急に体が重くなったり、吐き気で苦しんだ経験はありませんか?このような状態になると、急な体の変化に不安になってしまいます。夏は、知らない間に水分やミネラルが失われ、脱水状態になりこのような症状が現れる事があります。そんな時は、一度水分補給をして自分が脱水状態でないか確認してみてください。

夏の脱水と症状

夏は、体から水分が汗として放出される為、脱水状態に陥りやすくなります。特にナトリウムなどのミネラル分が体から減りやすく、脱水を引き起こしやすくなってしまいます。体から水分が減ると、暑くても汗をかかなくなったり、尿量が減少するので、一見気付きそうですが、脱水症状は意外と見逃しやすい症状になります。

体から水分やミネラルが減ると、体の機能を維持できなくなります。水分が減り始めると、まず、目眩や吐き気、倦怠感が現れます。暑い日にこのような状態になった時は、まず経口補水液などを口にするようにしましょう。少し休んで時間をおけば、少しづつ楽になってくるはずです。さらに、水分量が不足すると、疲労感や強い吐き気、頭痛や熱感、精神の不安定など様々な症状が現れます。このような状態にならないように、夏は特に水分補給を気をつけてください。

脱水の種類

脱水にも種類があり、水分と共にミネラルが不足することにより起こる低張性脱水と、水分だけが不足する高張性脱水とに分けられます。低張性脱水では、吐き気などが現れやすく、過度な運動や汗をかいた時に現れやすく、高張性脱水は水分補給がうまくできていないことによって起こります。高張性脱水では、発熱などが現れる為、風邪や感染症と勘違いしてしまうこともありますが、水分が足りていないこともあるので、体調が悪くなったらます水分補給をしてみてください。

夏の脱水とハーブティー

夏は特に水分が外に出て行きやすくなります。それでも、普段から水分補給の習慣のない人は水分を取れず、知らず知らずのうちに脱水症状を引き起こす事が多くなります。人の体は、水分が不足すれば喉が乾くようになっていますが、歳を重ねるごとにこの機能は衰え、いつの間にか脱水状態になっていることもあります。そんな時は、水分補給の習慣を日頃から取っていくのが重要です。そんな習慣にハーブティーはとても役に立つ存在です。ミネラルやフィトケミカルの豊富なハーブを少しづつ、日頃から取り入れる習慣を作っておくと、脱水症状になりにくくなりますよ。暑いハーブが苦手であれば、ミントやローズマリーなどのアイスティーやハーブウォーターですっきりとした時間を過ごしてみてください。

今年の夏が健康で過ごせますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です